2017入間基地航空祭を見学したい!日程とアクセスと駐車場

入間基地航空祭

入間(いるま)基地航空祭 は1962年(昭和37年)に初めて開催された歴史のある航空祭です。

1988年の昭和天皇のご病気に対する配慮や2001年のアメリカ同時多発テロの年など警戒レベルが上がって中止になったこともありますがほぼ毎年11月3日に行われる恒例のイベントとして航空ファンはもちろん一般の人をも楽しませてくれています。

2017年も入間基地航空祭は11月3日(金)の文化の日に開催決定しています のでアクセス方法など詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク

入間基地航空祭開催!2017年の日程は?

今年は頻発する北朝鮮のミサイル発射実験で警戒レベルの上昇によって中止になるのではと心配していました。

でも、2017年の入間基地航空祭は11月3日(金)の文化の日に開催することが決定しています!

日程は以下の通りです。

【開催日】11月3日(金)

【開催時間】9:00~15:00

【場所】〒350-1324埼玉県狭山市稲荷山2丁目3番地/航空自衛隊入間基地

【入場料】無料

【問い合わせ先】04-2953-6131(入間基地渉外広報班)

事前予約などは必要ないのですが、天候や諸々の事情で中止になる場合もあります。

当日の公式な発表を確認しつつ見学に行ってくださいね。

入間基地航空祭の2017年ブルーインパルス展示飛行!

2017年の展示飛行プログラムも公式発表がありました。

ブルーインパルスの飛行展示もありますよ。

下記の通り予定されていますのでご参考にどうぞ。

2017年人気の「飛行展示」プログラム
  • 9:05~9:25 CH-47J、U-125A&UH-60J
  • 10:20~10:45 T-4
  • 10:50~11:10 U-125&YS-11FC
  • 11:15~11:40 C-1陸自空挺降下&U-4
  • 13:05~14:10 ブルーインパルス
  • 14:40~14:55 F-15J、F-2帰投

 

入間基地へのアクセスは?駐車場はある?

13万人越えの来場者を予想している入間基地航空祭ですので混雑は避けられない状況です。

13万人とはどれぐらいの数か・・・。

色々な人出の多いイベントなどで比較してみました。

東京ディズニーランドの1日の来場者数の平均・・・約80,000人

甲子園球場の入場者数・・・約50,000人

嵐のコンサート入場者数(1公演あたり平均)・・・約28,000人

比較対象が適切かどうかは別にして13万人ってすごい人数ですね!

どれも混雑するイベントですが桁違いの多さに混雑は必至ですね。

ここは電車以外の選択肢はなさそうです。

航空自衛隊入間基地への電車でのアクセス

西武池袋線稲荷山公園駅下車徒歩3分

西武新宿線狭山駅下車徒歩20分

航空自衛隊入間基地は都心から電車で1時間程度で行ける場所なのでおススメはやっぱり電車で行く方が無難ですね。

また、改札や乗車券売り場も大混雑の予想です。

前もって帰りの切符を買っておくかPASMOやSuicaにはあらかじめ余裕をもってチャージしておくなどの準備も必要ですね。

スポンサーリンク

どうしても車で行きたい方はパーク&ライドで!

入間基地には駐車場は用意されていません。

ですが、小さい子供がいるご家族などできるだけ自家用車で行きたい事情などもあると思います。

そんな方は「パーク&ライド」という方法があります。

 

パーク&ライドとは?

自宅から自家用車で目的地の周辺の駅またはバス停まで行きそこから公共の交通機関を利用して目的地までいく方法です。
目的地の周囲が混雑する場合にパーク&ライドが利用されます。

というわけで駐車場が多い周辺駅では以下の駅がおすすめですよ。

周辺駅名
(西武池袋線)
稲荷山公園駅
までの
所要時間と料金
おススメポイント
所沢駅 13分(5駅)210円 イオン所沢店や50台規模の駐車場あり
武蔵藤沢駅 3分(1駅)150円 周辺駐車場は多いが当日は混雑の可能性大
秋津駅 17分(6駅)240円 100台規模の駐車場あり。10台規模も数か所
入間市駅 2分(1駅)150円 大規模駐車場あるが隣駅なので混雑かも?
小手指駅 7分(3駅)180円 700台弱収容の西友小手指店(有料)あり

以上が駐車場が比較的多い周辺駅の情報です。

ただし、稲荷山公園駅に近ければ近いほど混雑は必至ですので当日は臨機応変に対応してくださいね。

スポンサーリンク

入間基地航空祭のみどころ

 

入間基地航空祭

 

当日は屋台もたくさん出ていて自衛隊関連のお土産やプラモデルなども販売されています。

航空ファンでなくてもなんだかワクワクしそうですよね。

そして、最大のみどころは「ブルーインパルス」の飛行展示ですよね。

ブルーインパルスは節目のイベントではいつも大役を任される航空機の中では花形なんですね。

ブルーインパルス1964年東京オリンピックの開会式では五輪マークを描き、1970年大阪の万博では「EXPO70」の文字を大空に描きました。

今年もブルーインパルスの展示飛行の公表がありました!

2011年以降は毎年飛行しているので今年も楽しみですね。

まとめ

入間基地航空祭は都心からのアクセスも良く、日本で最も人出が多い航空祭といわれています。

そのため、当日はかなり混雑が予想されるので小さいお子さん連れの方は抱っこ紐は必須です。

ベビーカーを押している人もいますが駅から会場まではかなり混むので十分注意してくださいね。

コメント