毎日飲んでいるお茶(緑茶)ですが、お茶殻って捨てていませんか?

ビタミンやカテキンなど体に良いお茶ですが飲んだ後のお茶殻にもまだまだ有効成分がたっぷり残っています。

捨ててしまうのはもったいないのでお茶殻の再利用(リサイクル)方法をご案内 します。

スポンサーリンク

お掃除、臭い消しに!お茶の出がらしを有効活用!

擦るだけでピッカピカ!シンクの汚れ落とし

お茶殻をお茶パックに入れてシンク周りをこすってみてください。

ピカピカになる上に除菌もできるのでまさに一石二鳥です。

お茶パックがない時はしっかりしたキッチンペーパーでもOKです。

こすっていると見る見る汚れが浮いてくるのがわかって気持ちいいですよ。

洗剤と違ってサッと流すだけできれいになるので節水の効果も。

使った後はそのままポイッ!

家事の終わりに気持ちいいですよっ!

お茶で“床拭き”除菌効果とさわやかな香り

お茶殻をいらなくなった薄手のタオル、ガーゼ等にそのまま包んで床を拭いてみてください。

除菌効果はもちろんのこと、ほんのり香るお茶の香りに癒されます。

お茶殻を乾燥させて消臭剤として再利用

茶殻の水分をよく切って新聞紙の上に広げて天日干しすればOKです。

乾燥した茶殻をお茶パックに入れます。

それを靴箱に入れておくだけ。

嫌なにおいを消してくれますよ。

また、特に臭いの気になる靴には直接“お茶殻消臭剤”を入れてください。

靴の消臭だけではなく、冷蔵庫や魚焼きグリル、電子レンジなど臭いの気になる場所に入れておくのも効果的ですよ。

スポンサーリンク

お部屋の臭いが気になる時は、乾燥したお茶殻をフライパンで炒るとお茶のいい香りがしますよ。

お茶殻を美容、健康のためにリサイクル!

お料理後の手の臭い消しに

ニンニクやお魚料理などをすると手が臭くなっていつまでも臭いが気になってしまいますよね。

そんな臭くなった手にお茶殻を直接乗せてマッサージするようにこすってみてください。

臭いも嘘のようになくなって「つるつる、すべすべ」になります。

うがいで風邪予防&口臭対策

お茶を美味しくいただいた後の出がらしに最後にもう一度お湯を入れてください。

出がらし茶で帰宅の時に「ガラガラうがい」で風邪の予防に。

朝起きた時に「クチュクチュうがい」で口臭防止に役立ててください。

お茶殻をお風呂の入浴剤としてリサイクル

お茶殻をお茶パックに入れて入浴剤として再利用してみてください。

美肌を作るビタミンCや老化を防ぐカテキンがニキビや肌荒れに良いですよ。

美白にも良いですし背中ニキビが気になる方もぜひ試してくださいね。

何よりお茶の香りでリラックスできますよ。

毎日飲んでいるお茶なので安心なのもいいですよね。

日焼け肌の火照りをおさえるお茶の出がらし

日焼け後にお茶パックを冷水でしぼり肩やデコルテなど気になるところに乗せてください。

カテキン、クロロフィル、ビタミンなどが火照りをおさえて美白のお手伝いをしてくれますよ。

まとめ

お茶は飲み物なので美味しいお茶が出なくなったらもう用無し・・・。

と思いがちですけど、

お掃除グッズとして世の中に流通していてもおかしくないんじゃないの?

と思うほど「消臭」「汚れ落とし」にパワーを発揮してくれます。

また、カテキン効果でお茶でうがいをしたら良い事はよく聞きますが、出がらしで「手もみ」をすると本当にすべすべになるのは驚きですよ。

お金も手間もかからないのでいろいろ試してみてください。