バラの植え替えの時期

バラの植え替え時期はいつがいい?

初心者にもリスクが少なくて安心度が高い時期は冬です。

その時に一緒に剪定も済ませておけばバラのお手入れが1回で済むのでおすすめですよ。

でも、夏にも植え替えをしなければダメなケースも出てくると思いますのでその際の注意点などを紹介いたします。

スポンサーリンク

バラの植え替えの時期はいつが最適?

バラの植え替えに最適な時期は12月~2月、遅くとも3月の初めごろまでです。

春から秋にかけてはバラにとっては枝葉を伸ばし花を咲かせる活動期です。

活発に活動している時に根を傷つけるとバラ全体にダメージを与えて最悪の場合、枯れてしまう事もあります。

その点、冬のバラは休眠状態になります。

この時期は少しぐらい根っこを傷つけても大した影響はなく、植え替えが原因で枯れてしまう心配もほとんどありません。

逆に冬には

  • 伸びすぎた根っこの掃除
  • 土の入れ替え

のために植え替えた方が薔薇の成長のためにはプラスになります。

冬は初心者でもリスクなくバラの植え替えができる唯一の季節です。

 

夏に植え替えが必要な場合も!?

春に買ってきた鉢植えのバラも2~3か月後には当然大きくなり植木鉢が窮屈になることも・・・。

また、植木鉢が小さいと水やりに追われて毎日大変ですので一回り大きな植木鉢に植え替えることも必要です。

その場合は根鉢(ねばち)を崩さず一回り大きめの植木鉢に植え替えます。

根を傷つけるのは厳禁ですのでそこだけは注意して植え替えましょう。

スポンサーリンク

バラの植え替えと剪定は同時がいい?

バラの剪定に関しては時期によって少し意味が変わってきますので季節ごとに選定をする目的は

  • 冬剪定は樹形を整えるため
  • 春~秋にかけての剪定は生い茂った枝葉を切って風通しを良くし病気の防止のため。間引きの意味もあります。

以上のことをふまえて説明いたしますね。

バラを冬に植え替える場合の剪定

冬に植え替えようと思った場合は

  1. 剪定
  2. 植え替え

の順でします。

そもそも冬の剪定はバラを植え替える、植え替えないにかかわらず必ずします。

この時期、

  • 枝を整え
  • 葉を全て落とす
  • 蕾も全て切り落とす

こうすることで来春のために樹形を整えます。

慣れてくるとある程度、自分好みの樹形にコントロールすることもできるようになってきます。

冬剪定はこんなに切っても大丈夫?と思うぐらい大胆に切ってもOKです。

遠慮しながら切るよりも大胆に切る方が春になると芽がぐんぐんものすごい勢いで伸びてくれます。

何年かバラの世話をしていると自分でどんな風に伸びてほしいのか考えながら剪定できるようになってきます。

冬に植え替えをする場合は剪定をしてからします。

植木鉢から出して根をキレイにほぐします。

根が詰まっているところにハサミを入れて細い根をざっくり切ります。

気を付けることは

  • 土を落し過ぎない
  • 太い根っこは切らない

このことを気を付ければ、必要以上に神経質にならなくても大丈夫です。

とにかく、バラの植え替えは休眠状態の冬が一番やりやすいです。

バラを夏や秋に植え替える場合の剪定

では、冬以外の植え替えの時の剪定についてですが

  • 剪定
  • 植え替え

の順でします。

バラの剪定と言っても品種によって花が咲く時期も多少違ってきます。

また、育てる人によってもやり方が微妙に違うので以下は私のおおまかな剪定のスケジュールです。

  • 4~5月・・・花の最盛期は基本的に剪定はしません。
  • 6月・・・梅雨時期で雨が多いので花も散ってしまう事が多い時期。雨が多いので必然的に庭仕事が減り剪定もしません。
  • 7月~8月・・・花よりも葉っぱが生い茂る時期。この時期は剪定をします。
  • 9月~11月・・・秋の花が咲く品種もあるので剪定はあまりしません。

このような感じなので冬以外の「剪定→植え替え」をするとなると7月~8月になります。

この時期は増え過ぎた葉っぱを少なくしないと風通しが悪くなりバラ全体が病気になるリスクが出てきます。

また、秋バラの開花に向けて必要以上に生い茂った葉は花に行くべき栄養の邪魔になるので間引く必要もあります。

全体的にすっきりと剪定を終えてから植え替えます。

夏の植え替えで気を付けることは「根鉢を崩さない」ことです。

この時期はできるだけそっと植え替えるようにしてくださいね。

まとめ

バラの植え替えの時期と剪定については品種や状況によっていろいろあるので一言で言い表せないのが実際のところです。

でも、植え替えの時期による大きな違いは

  • 冬(休眠期)の植え替えは「根っこの掃除」もする。
  • 冬以外(活動期)の植え替えは「根鉢を崩さず」そっと植え替える。

と、根っこの扱いが正反対です。

剪定に関しても

  • 冬は来期の為に枝を整えるのが大きな目的
  • 冬以外、特に夏は茂り過ぎた葉っぱを間引いたり風通しを良くすることが目的

このように時期に応じて植え替えの方法も剪定の仕方も変わってきます。

私のおすすめは、できることなら冬(12月~2月)に植え替えをするのが一番確実でリスクが少ないと思います。