東大寺の紅葉の見ごろは?二月堂からの景色やライトアップはある?

奈良公園の東大寺大仏殿から二月堂の周辺には紅葉スポットがたくさんあります。

奈良公園全体だと範囲が広すぎるので東大寺児周辺の紅葉にスポットを当ててご紹介します。

スポンサーリンク

東大寺の紅葉の見ごろは?

東大寺周辺の紅葉の見ごろは11月初旬~12月初旬の約1か月間訪れる観光客を楽しませてくれます。

「モミジの赤」はもちろんですが、東大寺大仏殿の裏(北西)には「イチョウ」の黄葉(おうよう)で目を楽しませてくれるスポットがあるんですよ。

また、奈良公園には「ナンキンハゼ」という早めに色づく木があるので

モミジ、イチョウの色づくタイミングが微妙に違うので1か月間の長期にわたって紅葉、黄葉が楽しめるのも東大寺周辺のおすすめポイントです。

10月下旬から「ナンキンハゼ」が色づき始めて11月初旬に見ごろを迎えます。

11月中旬からは「モミジ」「イチョウ」が見ごろを迎えて12月初旬まで楽しませてくれます。

 

東大寺二月堂の紅葉やおすすめスポットを紹介!

 

東大寺二月堂から見た紅葉

「お水取り」で有名な二月堂からは東大寺大仏殿をはじめ奈良公園を広く見渡すことができます。

遠くには生駒山まで見える絶景ポイントです。

赤や黄色に染まった木々を広く見渡すことができますよ。

おすすめは

夕暮れ時に訪れると西に沈む夕日が感動すらおぼえる・・・

そんな日没前が絶景です。

 

二月堂

鏡池に映る紅葉と東大寺大仏殿

東大寺の大仏殿に向かって歩いていると右手に大きな池があります。

水面に大仏殿と中門が映り込む「鏡池」です。

紅葉時期には赤や緑の木々が池を取り囲み、これまた絵になるスポットですよ。

観光客は大仏殿目指して一直線になりがちなのでついついこの素敵なスポットを素通りしてしまいます。

大仏殿に向かう前に一瞬だけ右にそれて池の南東から「パシャリ」と1枚撮影してみてくださいよ。

大仏池(正倉院大池)周辺の紅葉

東大寺大仏殿の西側にある「大仏池」は人気の紅葉スポットです。

池の向こう側に見える東大寺大仏殿の横には

  • ナンキンハゼの紅葉
  • イチョウの黄葉
  • 常緑樹の緑

3色がのコントラストが見事で、池に映った景色も絵になります。

穴場の紅葉スポット猫段(猫坂)

東大寺大仏殿の東側にある猫坂(猫段)も紅葉がきれいな場所です。

大鐘楼・俊乗堂・行基堂・念仏堂へと続く50メートルほどの登りの石段で「ここで転ぶと猫になる」という伝説がある階段です。

さらに登って行くと二月堂へ・・・。

比較的観光客が少ないのでゆっくり紅葉狩りをしたい人にはおすすめの穴場です。

東大寺の紅葉 ライトアップはある?

残念ながら秋の東大寺にはライトアップイベントはありません。

奈良の夜間イベントは「ライトアッププロムナード・なら」を7月~9月の期間だけ開催しているぐらいで秋以降はちょっとさみしい感じになってしまいます。

せめて紅葉の時期ぐらいは主要施設だけでもライトアップして観光客を楽しませてほしいもんですね。

まとめ

東大寺周辺の紅葉の見ごろは11月初旬~12月初旬の約1か月間あります。

また、おすすめスポットとして

  1. 二月堂から見る紅葉の景色
  2. 鏡池に映る紅葉と東大寺大仏殿
  3. 大仏池(正倉院大池)周辺の紅葉
  4. 穴場の紅葉スポット猫段(猫坂)

以上がおすすめです。

コメント