知恩院の紅葉と2017夜間ライトアップ!拝観料と混雑状況

 

知恩院聖観音菩薩立像

秋の紅葉は京都東山の知恩院(ちおんいん)にお出かけしませんか?

東山には清水寺や高台寺といった紅葉の名所がたくさんありますが、知恩院は観光地的な色合いが濃くないので比較的混雑がマシな穴場スポットです。

日本最大級の二重門の三門を抜けると急な「男坂」と緩やかな「女坂」の2通りの道があります。

どちらを進むかは好みと体力次第。

そんな知恩院の

  • 紅葉の見ごろ時期
  • ライトアップスケジュール
  • 観賞スポットに拝観料や混雑状況など

ご案内します。

スポンサーリンク

知恩院の紅葉2017年の見頃時期は?

例年、京都東山の知恩院の紅葉の見頃時期は11月中旬~12月上旬頃 です。

また、2017年の知恩院の紅葉ライトアップは11月3日(金)~12月3日(日)に予定されていますのでちょうど見頃時期に実施されます。

知恩院の紅葉2017ライトアップの日程と拝観料

2017年秋の知恩院ライトアップは「三門」「友禅苑」「宝佛殿」で実施されます。

拝観は昼夜入替制ですので1日を通して拝観することはできません。

詳細スケジュールは下記になりますので拝観スケジュールのご参考にしてくださいね。

通常拝観 ■拝観時間
9:00~16:30(16:00受付終了)■拝観料金
境内・・・無料
友禅苑・・・大人300円/中学生・小学生150円
方丈庭園・・・大人400円/中学生・小学生200円
友禅苑、方丈庭園共通券・・・大人500円/中学生・小学生250円
夜間特別拝観
11月3日(金)
~12月3日(日)
■拝観時間
17:30~21:30(21:00受付終了)■夜間特別拝観
大人800円/中学生・小学生400円
※昼夜入替制

知恩院の紅葉ライトアップの観賞ポイント

日本最大級の二重門、知恩院「三門」

三門

知恩院の三門は1621年に建立された高さ24m、幅50m、屋根瓦約70,000枚の日本最大級の二重門です。

2002年には国宝に指定されました。

回廊のみの公開で内部は非公開です。

スポンサーリンク

友禅染の創始者宮崎友禅斎を祀る庭園「友禅苑」

聖観音菩薩立像

東山の湧水を引き入れた庭園と枯山水庭園とで構成されています。

友禅染の創始者宮崎友禅斎の生誕300年を記念して造園された昭和の名園です。

苑内には「華麓庵」と「白寿庵」の2つの茶室があります。

補陀落池(ふだらくいけ)に立つ高村光雲作の聖観音菩薩立像が有名。

夜間ライトアップ時間の鏡のような水面に映し出される様子は見ものです。

 

女坂

三門を出たところには境内へ上がるルートが2つあります。

1つは男坂で1段が40~50㎝もある急な階段で上がるにも大きく足を上げなければいけないので体力を要します。

もう1つが女坂。

女坂は緩やかな階段ですのでこちらの方が参拝客には人気がありライトアップされるのも女坂の方です。

足元から暖かい光が優しく照らしてくれます。

阿弥陀如来立像をお祀りする「宝佛殿」

1992年に建立された宝佛殿には「阿弥陀如来立像」と「四天王」が安置されています。

知恩院の紅葉時期の混雑状況

知恩院の周辺に清水寺や南禅寺などの人気の紅葉スポットがあるためか比較的ゆったりと観賞できるスポットです。

でも、やはり京都の紅葉時期は混雑するものです。

受付終了間際の20:30頃に入るのが一番ゆっくり観賞できる時間帯です。

知恩院へのアクセスと駐車場情報

知恩院への電車、バスでのアクセス

JR「京都」駅からのアクセス

市バス206系統→「知恩院前」下車 徒歩5分

地下鉄烏丸線「烏丸御池」駅下車-(乗り換え)→地下鉄東西線「東山」駅下車 徒歩8分

タクシーで15分

阪急「河原町」駅からのアクセス

徒歩15分

市バス(四条河原町)から31・46・201・203系統→「知恩院前」下車 徒歩5分

京阪「三条」駅からのアクセス

市バス12系統→「知恩院前」下車 徒歩5分

市バス京都岡崎ループ→「知恩院三門前」下車すぐ

京阪「祇園四条」駅からのアクセス

徒歩10分

知恩院への車でのアクセスおよび駐車場情報

知恩院の駐車場は観光客には開放していませんので下記の駐車場をおすすめしています。

タイムズ総本山知恩院新門南

〒605-0073 京都府京都市東山区祇園町北側317
電話0120-728-924

【駐車料金】

(月~金)
15分200円
8:00-20:00 最大料金1600円
20:00-08:00 最大料金1200円

(土日祝)
15分300円
8:00-20:00 最大料金2400円
20:00-08:00 最大料金1200円

【駐車台数】35台

まとめ

知恩院の紅葉は日本最大級の三門や友禅苑など、ライトアップによって昼と夜の表情がガラッと変わりますので2回、3回と訪れてみるのもいいかもですよ。

画像:京都フリー写真素材

コメント