ボールペンの復活方法

ボールペンのインクが出なくなったときはどうやって対処していますか?

今どき100均で10本100円で売ってるから捨てる。

という方、ちょっと待ってください。

書けなくなったボールペンも意外と簡単な方法で復活できることがあります。

10本100円と言えども、もったいないので最後にその方法を試してみてダメだった場合は捨ててくださいね。

スポンサーリンク

ボールペンのインクが出なくなる原因は?

ボールペンの中の芯にインクはたっぷり残っているのに書けなくなることありますよね。

ボールペンは名前からもわかるように芯の先端部分に「金属のボール」が付いていてそれが回転してインクを供給して書く仕組みになっています。

ボールペンの太さ「1mm」や「1.5mm」などは、その金属のボールの直径の大きさなんですね。

面白い動画がありますのでご紹介しますね。

インクが出なくなる原因はこの金属のボールがうまく回らなくなったり、インクが先端のボールまで届かなくなったりすることで書けなくなります。

具体的な原因には次のようなものがあります。

ペン先の汚れ

ペン先に紙の繊維などが詰まると上手くボールが回転できなくなりインクが出なくなります。

ペン先の詰まりは次のような場合に起こります。

ペン先のつまりが起こる原因
  • インクジェット用紙や感熱紙・・・コーティング剤が表面に塗られているので、ペンで書いた時にこのコーティング剤が剥がれてペン先に詰まります。
  • ペンを寝かして書く・・・ペンを寝かせて書くと紙を削りながら(引っ掻きながら)書くようなものなので紙の粉が詰まりやすくなります。

インクの入った芯に空気が入る

インクの入った芯に空気がたまっているのを見たことはありませんか?

こうなると当然のことながらインクは出ません。

これが原因の場合は対処の方法はあるので試してみる価値はありますよ。

(※方法は後ほど・・・。)

ペン先のボールが回転しない

ツルツルとした紙に書こうとした場合、ペン先のボールが滑って回転しない場合があります。

クリアファイルなどにボールペンで名前を書こうとしたことはありませんか?

上手くインクが出ず、名前が書けなかったまたは書きにくかったと思います。

ボールが回転するには紙との間に抵抗が必要なんですね。

この場合は普通のコピー用紙に書いてインクが出ればボールペン自体は正常です。

スポンサーリンク

ペン先の破損

ボールペンの先はデリケートな構造になっているので、意外とすぐに壊れてしまいます。

ペン先で物を突いたりするとすぐに壊れてしまいます。

この、ペン先の破損が原因の場合、ボールペンを簡単に復活させることはできないので注意しましょう。

インクが乾燥で固まった

乾燥して固まることは昔のボールペンにはよくありました。

ですが、現在はインクも改良されていてボールペンの構造上インクが固まることはほとんどないそうです。

インクがなくなった

最後まで使い切ったボールペンは今まで数回しか見たことがありません。

大体の場合、使い切る前にどこかに無くしてしまいますよね。

インクがなくなって書けなくなった場合は、長い間ありがとうと言って捨ててください。(笑)

インクが出ないボールペンを復活させる方法

ボールペンのインクが出なくなった原因をまとめると主に次のようなものになります。

ボールペンのインクが出なくなった原因
  1. ペン先の汚れ
  2. インクの入った芯に空気が入る
  3. ペン先のボールが回転しない
  4. ペン先の破損
  5. インクが乾燥で固まった
  6. インクがなくなった

「1」と「2」の場合、復活の可能性がありますので、原因別にご紹介しますね。

ボールペンのペン先の汚れが原因の場合の復活方法

1.摩擦力の強い紙の上でペンを滑らせる

ペン先が汚れで詰まっている場合は、ザラザラッとした紙(ティッシュペーパーなど)に文字を書くように試してみるのをおススメします。

紙との間に抵抗が生じて、うまくいくとボールが回転しだすかもしれません。

いったん回転しだすとインクが供給されペン先の汚れも落ちて書けるようになります。

2.たばこのフィルターに差し込んで回す

たばこのフィルターの繊維は細かいのでボールペンの先端の掃除に最適なのです。

ボールペンの先をフィルターに刺してクルクルと回転させます。

細かい繊維が汚れたペン先をきれいにしてボールが回転して書けるようになります。

ボールペンの芯に空気が入った場合の復活方法

1.遠心力でインクが出やすいようにする

ボールペンのインクは重力によって書くたびに下に移動していきます。

ですのでボールペンを水平以上(横向きや上向き)に向けて書くと空気がたまってインクが出なくなります。

そんな場合は「遠心力」を利用してインクをペン先に供給すると復活することもあります。

動画のようにボールペンに輪ゴムを付けてクルクルと回転させたり、手で振ってペン先にインクが行くようにしてみるのも一つの方法です。

まとめ

書けなくなったボールペンも対処の仕方次第で簡単に復活する場合があります。

すぐに捨てずにやることはやってから捨てても遅くないのでぜひチャレンジしてみてくださいね。

ただし、物理的にペン先が壊れてしまった場合は残念ながら復活しません。

ボールペンのペン先は思っているよりデリケートな構造になっているので扱い方も丁寧にしたいですよね。