洗濯物の臭い

洗っても洗っても臭いタオルやTシャツってありますよね・・・。

きちんと洗濯できていないのかと

  • もう一度洗い直してみても
  • 部屋干し用洗剤で洗ってみても
  • いい香りの柔軟剤を使ってみても
  • 天日に長いこと干してみても

一瞬は臭い消えたかな?

と思っていたら着ているうちにまた復活してくるんですよねぇ。

この臭い、何とかして消す方法はないものかと思って調べた結果、意外と簡単な方法で解決できました!

小さなタオルの消臭はこちらが手軽!

 

 

スポンサーリンク

洗濯物の臭いの原因は?

濡れたタオルや汗で湿ったTシャツを洗濯するまでの長時間、洗濯物入れのカゴの中に放置したことはありませんか?

また、洗濯が終わった後に洗濯槽の中にしばらく放置したことはありませんか?

これが臭いのもとになる「細菌」が繁殖する下地になっているのです。

洗濯物の臭いを消す方法は?

臭いの原因は「細菌」の繁殖にあることがわかりました。

では、臭いを消すには「細菌」をやっつければいいんです。

細菌は洗濯をしても死滅することはなく乾燥にも強く衣類に生き残ります。

 

しかし、「熱」にはとても弱いようで50~60度以上の温度でやっつけることができます。

スポンサーリンク

そこで、我が家にある臭くて何度洗ってもダメなTシャツを給湯機から出る最高温度の60度のお湯と酸素系漂白剤でつけ置き洗いをしてみました。

 

手順は以下のようにしました。

  1. 60度のお湯をためる。(ヤケドに気を付けて。)
  2. 規定の分量の酸素系漂白剤を入れる。
  3. 1時間つけ置く
  4. 漂白剤を落として普通に洗濯をする。
  5. 干す。

 

今回は細菌が死滅して嫌なにおいが消えているか確かめたかったのであえて条件の悪い部屋干しにしました。

また、60度に設定したシャワーは普段の温度に戻しておいてくださいね。知らずに家族の方が使ってしまったら危険なので。

 

ちなみに今回の検証で使った酸素系漂白剤は「花王ワイドハイターEXパワー」です。

洗濯物の臭いは部屋干しでも消えたのか?

部屋干しでも通気性をよくするように扇風機の風を当てながら乾燥させました。

今までの洗濯方法なら、Tシャツの首回りなど生地の重なっている部分はにおいを嗅いだ瞬間「くさっ」となるのですが、今回はどうでしょう?

恐る恐る嗅いでみると

「!」

臭くない!

いつもなら洗剤の香りの奥に「あの嫌なにおい」の存在があるのですが、今回は洗剤の香りだけを感じることができ嫌な臭いは微塵も感じませんでした。

まとめ

長い間、嫌な思いをしたあの臭いがこんなに簡単にしなくなるとは・・・。

一度試してみても損はない結果でした。

タオルなど時間をかけてつけ置くのは面倒な場合は、お鍋で5~10分程煮沸をするだけで臭いは消えるようです。

しかし、煮沸は生地を傷めることになるのでTシャツなど身に着けるものは50~60度のお湯に酸素系漂白剤を入れて1時間ほどつけ置きする方が安心です。

また、大切にしている洋服やデリケートな素材のものは家での消臭はあきらめてクリーニング屋さんに相談することをおススメします。