ホワイトデーの起源は?お返しにマシュマロは嫌いの意味って本当?

ホワイトデーにマシュマロ

3月14日のホワイトデーのお返しの定番だった「マシュマロ」。

しかし、現在はネガティブな意味のお返しになってしまっているのは知っていましたか?

その意味は「あなたのことが嫌いです」という事らしいのですがいつから意味が変わってしまったのでしょうか?

今回はマシュマロのお返しの意味が変わってしまった事について調べてみました。

調べているうちに「マシュマロは純粋に好意的な意味のお返し」ということがわかりましたよ。

 

スポンサーリンク
 

ホワイトデーにマシュマロのお返しは嫌いの意味って本当?

そもそも3月14日がホワイトデーと呼ばれるようになったのは昭和の50年代頃からのようです。

ホワイトデーの起源は?マシュマロデーが始まり

昔は男の子が女の子に渡す定番のお菓子がマシュマロでした。

スーパーでは普段はあまり目にすることがないマシュマロが売り場の一番目立つところにポップとともに積まれていたと記憶しています。

では、いつからバレンタインデーのお返しがホワイトデーと呼ばれ、マシュマロを返すようになったのでしょうか?

実はマシュマロを作っている「石村萬盛堂(福岡市)」という1905年(明治38年)創業の老舗のお菓子メーカーにホワイトデーの起源があるそうです。

1978年(昭和53年)に「君からもらったチョコレートを僕の優しさ(マシュマロ)で包んでお返しするよ」というマシュマロでチョコレートを包んだ商品を売り出して、宣伝を始めたのがきっかけだそうです。

当時は3月14日はマシュマロデーと呼ばれていました。

マシュマロをお返しする日だったのですね。

しかし「マシュマロ」と限定した名称では広がりがないとの理由で百貨店の意向でホワイトデーと名称を変更して全国的なイベントになったそうです。

ホワイトデーの起源になったマシュマロは楽天の通販でも売ってますよ。
>>>石村萬盛堂楽天市場店

ホワイトデーにマシュマロは嫌いの意味はネットの拡散?

このような成り立ちのある“ホワイトデーにマシュマロ”ですが、いつの間にネガティブな意味になってしまったのでしょう。

ことについて、「石村萬盛堂」さんが『嫌だなあ。3月14日に「嫌い」なんて。』というタイトルで新聞広告を出しています。

「ホワイトデー」で
ネット検索してみると、
思わぬ情報にヒットする。

お返しの定番「マシュマロ」には、
「あなたが嫌い」という意味がある。
と、いうものだ。

斬新すぎる。

バレンタインにもらった
チョコレートを、僕のやさしさ、
つまりマシュマロで包んで返すよ。
という意味を込めて、
世に送り出されたはずの
ホワイトデーが、
顔も知らない誰かに、
真逆の意味で紹介されている。

どうやら「君の気持ちには
応えられないから、やさしさで包んで、
そのままお返しするよ」
と、解釈されているらしい。

スポンサーリンク

嫌いな相手に、嫌いだと伝えるための
贈り物が存在する世界など嫌だ。

どんな好意も、悪意になり得る
ネットの世界は、かくも真意がブレやすい。

ホワイトデーに限らず、
遠くの見知らぬ人に振り回されるより、
どうか目の前の人と、日々笑顔で
お過ごしくださいませ。

38年前、石村萬盛堂で生まれた
ホワイトデーが、
今年も心と心をやわらかく
包み込みますように。

引用元の記事:西日本新聞の2016年3月12日朝刊

この記事を読んで思ったのですが、石村萬盛堂さんの商品に対する愛情がにじみでているなぁと感じてしまいました。

たしかに自分の作ったものを変なうわさ話で汚されるのは誰だって気持ちの良いものではないですから。

ホワイトデーの起源は諸説あった?

ここまではホワイトデーの起源は石村萬盛堂のマシュマロという前提で書いてきましたが、その起源には諸説あるそうです。

ホワイトデーの起源1:石村萬盛堂のマシュマロ

今まで述べたように福岡の百貨店と石村萬盛堂で行ったキャンペーンが起源とする説です。

ホワイトデーの起源2:不二家&エイワのリターン・バレンタイン

バレンタインデーでチョコレート業界が盛り上がっているのをヒントに中小のお菓子メーカー各社が1970年ごろ「バレンタインデーのお返しにお菓子を!」と宣伝し始めました。

この盛り上がりの中、不二家が「リターン・バレンタイン」と名付けて宣伝を始めたのがきっかけとする説もあります。

そして、1973年(昭和48年)にマシュマロメーカーのエイワ(東京・世田谷区)と協力してホワイトデーにマシュマロを販売するようになったそうです。

ホワイトデーの起源3:全国飴菓子工業協同組合のキャンディー説

全国飴菓子工業協同組合が1978年(昭和53年)に 3月14日のホワイトデーはキャンデーを贈る日として制定して2年後の1980年(昭和55年)3月14日に第一回ホワイトデーが世に生まれたとする説もあるそうです。

ただし、全国飴菓子工業協同組合のホームページには

日本でバレンタインデーの催事が定着するにつれて若い世代の間で“お返し”の風潮が生まれ、これを受けた菓子業界では昭和50年代に入ってから、個々に独自の日を定め、マシュマロやクッキー、キャンデーなどを“お返しの贈物”として宣伝販売する動きが出るようになりました。

この動きをキャンデーの販売促進に結びつけ「ホワイトデー」として催事化したのが全飴協・関東地区部会でした。

出典:全国飴菓子工業協同組合

このように書いているので、すでにバレンタインデーのお返しの風習はあったようですね。

まとめ

ちなみにネット上では

  • マシュマロ・・・あなたが嫌いです
  • クッキー・・・友達でいてください
  • キャンディ・・・あなたが好きです

と、3つのお菓子にそれぞれの意味があると説明されているようです。

「ホワイトデーにマシュマロを贈ると嫌いの意味」というのは誰かが言った話がネットを通じて拡散してしまった事で、本来の意味は「君からもらったチョコレートを僕の優しさ(マシュマロ)で包んでお返しするよ」という好意的な意味なんですね。

ネットの噂に惑わされることなく、お返しを渡す時にちゃんと気持ちを伝えれば誤解もされないのでマシュマロでもクッキーでもキャンディーでも何を贈っても問題なく、彼女が喜ぶものを贈るのが正解ではないでしょうか?

コメント