結婚式のネクタイは白以外や柄ものでもいい?ダメな色は?

結婚式のネクタイの色

結婚式に招待されたらどんな服装で行ったらいいのか考えてしまいますよね。

特に男性の場合は服の色や形のバリエーションが女性ほど多くないので他の人と差別化するにはネクタイの色を工夫するのが一番わかりやすいし・・・。

でも、結婚式のネクタイって基本は「白」というイメージがありますけど実際は

  • 白以外でもいいのか?
  • さらに柄物でも大丈夫なのか?
  • これはNG!ダメな色や柄は?

についてご紹介いたします。

結婚式のネクタイは白以外でもいい?

結婚式に参列する時のネクタイの色は白以外でもいい?

参列する機会もそれほど頻繁にあるわけではないので悩んでしまいますよね。

結論から言えば結婚式に参列する時のネクタイは白以外でも問題ありません。

実際のところ年配の方は圧倒的に白いネクタイが多いのですが、20~30代の若い世代では白ネクタイの率はぐっと下がります。

最近の20~30代の世代は略礼服(ブラックスーツ)ではなくスーツで参列する人が多いから自然とコーディネートの幅が広がって白以外のネクタイになるんですね。

以前は「結婚式=略礼服(ブラックスーツ)」が定番だったのでそれに合わせて「白」または「シルバー」のネクタイになっていました。

また、格式の高いホテルウェディングが多かったので服装もフォーマルなものが主流でしたが、現在はレストラン等で行うカジュアルウェディングが多くなり、比較的自由なファッションが受け入れられるようになっているんですね。

では、白以外のネクタイで結婚式におすすめな色は?

仕事の時にはあまりすることのない光沢のある「明るいパステルカラー」がおすすめです。

淡いブルーやイエローでも結婚式らしく華やかな印象になるのでおすすめですよ。

 

スポンサーリンク

結婚式のネクタイの柄でおすすめは?

単色のカラーネクタイでも良いのですが、柄が入ったものを選ぶと選択の幅が広がりますね。

柄物も細かいドットやストライプであれば問題ありません。

結婚式らしくポケットチーフとセットで合わせればより華やかな印象になっておすすめですよ。

素材も光沢のあるシルクが高級感があっていいですね。

スポンサーリンク

結婚式のネクタイでダメな色や柄は?

フォーマルの基本色である黒色ですが、日本では黒いネクタイはお葬式を連想させるのでNGです。

また、濃紺など暗い色も華やかな結婚式にはふさわしくありません。

デザイン的に華やかでなものでも黒や紺などの暗い色がベース色になっているネクタイは全体的に暗めの印象になるので避けたほうが無難です。

また、結婚式では毛皮やアニマル柄の服や小物は殺生をイメージするのでNGとされているのでアニマル柄のネクタイも控えたほうがいいですね。

また、ドクロ柄や迷彩色などインパクトが強く個性的なネクタイも控えるようにしましょう。

結婚式の主役の新郎新婦よりも目立ってしまうようなネクタイは控えましょう。

まとめ

1990年代の結婚式は当時の20歳代でも「ブラックスーツに白ネクタイ」が結婚式に参列するスタイルとして常識でした。

友人枠が10人ぐらいなら白ネクタイ以外が「1人」いるかいないかといったレベルでした。

考えてみればゴンドラから新郎新婦が派手に登場する時代だったので今と比較しようもありませんが・・・。

結婚式のスタイルもカジュアルな傾向になってきたので服装の常識も時代とともに変化するのが自然ですね

コメント