バレンタインデー

2月14日は女性から男性に愛を告白する日。

バレンタインデーです。

でも、バレンタインデーって

  • そもそもどんな日でいつはじまった?
  • なんでチョコレートなの?

と素朴な疑問を調べてみました。

起源は3世紀のローマにあり、日本のお菓子メーカーの販売促進イベントだったんですね。

スポンサーリンク

バレンタインデーの由来は?

バレンタインはキリスト教の聖人の名前だった

バレンタインとは3世紀ごろのローマに実在したキリスト教の司祭の名前です。

当時のローマでは若者の結婚は禁止されていました。

時の皇帝クラウディウス二世(在位268-270)は

「若者は戦争で戦うことだけを考えていればいい、戦うためには恋愛感情や守るべき家族の存在は邪魔になる。」

という考えが根底にあったそうです。

この状況を見たバレンタインは自由に恋愛のできない若者たちを哀れに思い内緒で結婚をさせていました。

この行いが皇帝にばれてしまい、さらに当時のローマではローマ国教の勢力が優勢でバレンタインもキリスト教の信仰を捨て、改宗するように迫られましたが承諾せずに、投獄されて処刑されてしまいました。

その処刑された日付が2月14日だったそうです。

ルペカリア祭とバレンタインの関係は?

また、そのころのローマでは2月14日はユーノー(ローマ神話の結婚、出産の神)の祝日でした。

翌、2月15日に「ルペカリア祭」というお祭りが行われていました。

当時は若い男女は別々に暮らしていて、出会うきっかけなどなかったのですが、この「ルペカリア祭」は1年に1度若い男女が出会う唯一のきっかけになるお祭りでした。

「ルペカリア祭」の前日、女性たちは紙に自分の名前を書き、その紙を翌日のお祭りの日に男性が引き、紙に書かれた女性と祭りの間一緒に過ごすという伝統がありました。

出会った男女は祭りが終わったあとも恋に落ち結婚することが多かったそうです。

しかし、風紀的に問題があるとした時の皇帝がこのお祭りを殉教したキリスト聖人を祀る日としました。

スポンサーリンク

この聖人に選ばれたのが、かつて兵士たちの愛を後押ししたバレンタインだったのです。

その後、2月14日は男女が愛を誓いあう恋人たちの人なったそうです。

バレンタインデーに女性からチョコレートを渡すのは日本だけ?

日本でバレンタインデーといえば

  • 女性から男性にチョコレートを贈って告白する日

というのが一般的な認識ですが、チョコレートを贈るのはどうやら日本独特の習慣のようです。

世界の各国はチョコレートも贈ることもあるそうですが、これは「プレゼントの選択肢の1つ」というだけのことだそうです。

では、日本で

「バレンタインデー=チョコレート」

となったのには諸説あります。

 

神戸に本社がある洋菓子メーカーのモロゾフが、1936年2月12日付の“ジャパンアドバタイジング”に掲載された日本で最初のバレンタイン広告が現在の「バレンタインデーにはチョコレート」の起源になっているという説があります。

また、森永製菓が1960年に「愛する人にチョコレートを贈りましょう」と新聞広告を出したのがきっかけになったという説もあります。

その後、伊勢丹をはじめとする百貨店各社が「バレンタインデー」の新聞広告を掲載するようになったことなども普及した契機といわれています。

世界のバレンタインデー

バレンタインデーは日本では女性から男性にチョコレートを贈って愛を告白する日、というのが定番ですが世界のバレンタインデーの常識は全く別のものです。

アメリカやヨーロッパでは男性から女性にプレゼントを贈るのが一般的です。

特別なレストランを予約して、プレゼントやメッセージカードを贈って女性に愛を告白または愛を再確認します。

また、バレンタインといえば「花」を贈るのも海外の定番プレゼントです。

しかし、韓国のバレンタインは日本と同じように2月14日は女性から男性にチョコレートを贈り3月14日にはホワイトデーで男性から女性にお返しのプレゼントを贈る習慣が定着しているそうです。

韓国のバレンタインデーはほとんど日本と同じですが、韓国には日本にはない「ブラックデー」なるものがあるそうです。

「ブラックデー」とは誰からもチョコレートをもらえなかった者同士、黒い服を着て黒い食べ物を食べるなんとも「切ない?」日があるそうです。

でも、この日は自分がフリーであることをアピールする日ということで、そんなに悲観的ではないと期待したいですね。

まとめ

日本のバレンタインデーはお菓子メーカーの商業戦略で普及したイベントということは多くの人が知るところですが、大昔のローマの物語が元々の始まりだったのは意外でしたね。

でも、これにも諸説あるので本当のところはわかりませんが楽しいイベントとしてエンジョイできればいいですよね。