掃除機の臭い掃除機をかけると部屋中に独特のいやな臭いが充満して・・・。

そんな場合は、重曹+アロマオイルで何とかなりますよ!

応急処置的な方法ですが、効果的なのでぜひお試しくださいね。

スポンサーリンク

掃除機の臭いの原因は?

掃除機の排気口から出る嫌な臭いの原因は「カビ」や「ダニの死骸」など吸い込んだごみから発しているものです。

また、湿ったゴミを吸い込んでいると生臭いようななんとも言えない臭いがします。

特にペットを飼っている場合はペットの毛を吸い込んでゴミがたまりやすく、その分臭いもきつくなる傾向が強いです。

掃除機にたまったゴミをこまめに取り除き、掃除機自体の清掃をするのが一番です。

でも、

  • 分解
  • 清掃
  • 乾燥

などの手間がかかりますので、手っ取り早く応急処置的な掃除機の臭いをとる方法をご案内します。

掃除機の嫌な臭いは重曹で消臭!アロマオイルの香りで解消!

本来なら「嫌な臭いは元から断たなきゃダメ」ですので、時間のある時に掃除機のメンテナンスをするとして・・・。

ここでは「とりあえず」臭いを消してしまう方法をご案内します。

掃除機の臭いは重曹で消臭!?

重曹(じゅうそう)は食品添加物にも使用されていますので人体にも害はなく安心です。

アルカリ性である重曹は酸性物質の臭いを中和する効果がありますので臭いのもとが酸性の場合、消臭効果が期待できます。

また、重曹は薬局やホームセンターなどどこでも手に入るので気軽でいいですよね。

足の臭いを消臭する実験の時には驚きの効果を発揮してくれたのでよかったらご覧くださいね。

重曹の消臭効果が明らかに!?

掃除機をかける前に「大さじ1」ぐらいの重曹を掃除機で吸い込んでおきます。

スポンサーリンク

そうすることによって、排気される臭いも軽減されます。

掃除機の臭いはアロマオイルで解消!

アロマオイルで掃除機の臭いを解消

重曹で消臭した後は、アロマオイルで香りづけします。

1~2滴のアロマオイルを染み込ませた細かくちぎったティッシュを掃除機で吸い込むだけです。

アロマの香りが掃除をするたびに排気口から出て、臭いどころか良い香りに。

アロマオイルの香りを変えるだけで掃除をするたびに変化があって、お掃除好きになるかも!?

掃除機のヘッドブラシ部分をメンテナンス

以上のような方法で掃除機の臭いは解消されますが、根本的な原因はこまめに取り除くようにしましょう。

ゴミが一番たまりやすいパーツに掃除機のヘッド部分のブラシがあります。

少なからず、臭いの原因にもなりますので定期的にメンテナンスするのも臭い防止に効果的ですね。

髪の毛や絨毯の繊維、ペットのいる家なら動物の毛などいろんなものが絡みついてかなり不潔になっている部分です。

ゴミが絡みついていますので、こまめに掃除しておかないとメンテナンスするにもなかなかゴミが取れずに大ごとになります。

1か月に1回ぐらいは取り外して清掃したいパーツですね。

ほとんどの掃除機はブラシを取り外しができるはずです。

手順は次の通りです。

 

掃除機のヘッドのメンテナンスの手順
  1. クリーナーヘッドのブラシを取り外します。
  2. 絡まった髪の毛や糸くずはハサミでカットしながら、根気よく取り外します。
  3. 最後は水洗いをして乾燥させます。
  4. 水洗い後はドライヤーなどで乾燥させずに自然乾燥をします。

 

汚れすぎて洗ってもどうしようもない場合は、パーツだけ別売りしていますのでメーカーに問い合わせるといいですよ。

まとめ

本格的に臭いのもとを取り除く場合は、掃除機本体やホースの清掃もこまめにしなければダメですが、応急処置的に臭いを軽減させるには充分な方法ですね。

また、分解掃除などは素人がすると危険なのでプロにまかせてくださいよ。