出産祝いのお返しのマナー!のしの書き方や金額の相場は?

出産の内祝い

出産後、友人や知人からおめでとうのお祝いをたくさんいただいた場合は、キッチリとお返しをするのが大人のマナーです。

  • お返しをする時期
  • 内祝いの金額の相場
  • お返しに適切な品物
  • 内祝いののしの書き方

など、色々と気を付けることがたくさんあり迷ってしまいますよね。

出産祝いのお返しのマナーをまとめましたのでお役立ていただければ光栄です。

スポンサーリンク

出産祝いのお返しをする時期は?

出産祝いのお返しは生後1か月のお宮参りの時期を目安に「内祝い」としてお返しします。

遅くとも2か月以内にはお返しをするのが望ましいです。

しかし、出産後は赤ちゃんの世話やママの体調のことなど何かとバタバタと忙しいことも多く、思ったような行動ができない場合もたくさんあります。

そのことも予想して出産前に「内祝いリスト」を作っておくのも一つの方法です。

リストには

  • 住所
  • 氏名
  • 電話番号

の基本情報に加えて

  • 家族構成
  • 趣味や好みの事、物

などわかる範囲で事前に作っておけば便利ですよ。

また、実際にお祝いを貰った場合は

  • いただいた日付
  • いただいた品物の金額(わかる範囲で)

を更新していけば内祝いを選ぶ場合でも整理できているので速やかに行動できますよ。

出産祝いのお返しの金額の相場は?

出産のお祝いをいただいた場合は「内祝い」としてお返ししますが、金額的にどのぐらいの品物を返すのが適切か迷うところですよね。

一般的に出産の内祝いはお祝いとしてもらった品物(金額)の2分の1~3分の1の金額の品物をお返しします。

ただし、高額のお祝いをいただいた場合は3000円前後の品物を一律に贈っても問題ありません。

お祝いを贈る方もお返しを期待して高額のお祝いをするわけではないので、丁寧なお礼状などを添えてお返しすれば問題ありません。

また、出産内祝いの金額で気を付けなければいけない事が、いただいた金額と同等かそれ以上の品物を返すことは失礼になり、相手も不快に思うことがありますので注意したいですね。

スポンサーリンク

出産のお返しにふさわしい品物は?

出産の内祝いに人気の品物は「スイーツギフト」「コーヒー、紅茶」などの食品や「タオルセット」などの実用品が人気です。

かつては「お福分け」という意味合いで「紅白の砂糖」や「かつお節」などが内祝いの品として好まれましたが、最近ではギフト商品の選択肢が豊富になり実用的な食品が多くなっています。

また、赤ちゃんの「名入れができるギフト」「出産時の体重と同じ重さのお米」などオリジナルのギフトも人気があります。

赤ちゃんの体重と同じお米は楽天のお店で販売していますよ。
>>>「出産の内祝」赤ちゃんの出生時の体重のお米

出産内祝い|のし紙の表書きの正しいマナーは?

出産の内祝いの品物には「紅白の蝶々結びの熨斗紙」を付けて贈ります。

のし紙の表書きは、水引の上には「内祝」「出産之内祝」などと書き、水引の下には「赤ちゃんの名前をふりがな付き」で記入します。

この時の墨の色は黒で書きます。

出産の内祝いには赤ちゃんの誕生を祝ってくれた人と一緒に喜びを分かち合い、赤ちゃんの名前のお披露目の意味もありますのできちんとふりがなを振ってわかりやすいようにします。

以上のような意味から苗字を書く必要はありません。

出産の内祝 出産の内祝い

出産祝いのお返しに関してのまとめ

出産祝いに対するお返しの時期・・・1か月後~2か月以内を目安に

出産祝いのお返しの金額の相場・・・いただいた金品の2分の1~3分の1。ただし、高額のお祝いに対しては3000円前後とお礼状を添えて

出産内祝いにふさわしい品物・・・食品やタオルなどの実用品

出産内祝いの熨斗紙のマナー・・・上書きは「内祝い」「出産之内祝」など。名入れは「赤ちゃんの名前のみ。ふりがなを振って」

以上のようにいただいたお祝いには感謝の気持ちを込めてお返ししたいですよね。

コメント