暑中見舞い、残暑見舞いのマナー具体的文例を紹介

暑中見舞い

お世話になった方や日頃なかなか会えない友人など相手の健康を気遣い近況を報告しあうという意味が暑中見舞いにはあります。

最近はメールやLINEなどが主流になり、特に若い世代の方は手紙やはがきを出す機会が少なくなってきているのではないでしょうか?

ここでは暑中見舞いの出す時期や書き方 についてご紹介します。

スポンサーリンク

暑中見舞いを出す時期はいつから?

時期については諸説あって

二十四節気の「小暑(7月7日頃)」~「立秋(8月7日頃)」の前日まで

という説や

梅雨明け頃の「大暑(7月22日頃)」~「立秋(8月7日頃)」の前日まで

という説もあります。

ただ、暑中見舞いは「暑さ厳しい折、いかかお過ごしですか?」というお伺いですので本格的に暑さが厳しくなる梅雨明け以降に出すのがふさわしいように感じます。

出す時期は諸説ありますが

「立秋(8月7日頃)」以降は暦の上では秋になるので「残暑見舞い」になります。

ここで気を付けたいのは、ポストに入れた日が立秋前でも相手に届く日が立秋以降になるような場合は残暑見舞いとして出すようにしましょう。

 

暑中見舞いの具体的な例文と書き方は?

拝啓~敬具などの堅苦しい頭語や結語は不要ですが

  1. お見舞いの挨拶
  2. 時節の挨拶と相手の安否をたずねる言葉
  3. 自分の近況を伝える言葉
  4. 相手の健康を願う言葉
  5. 日付

の5つのブロックから成り立っています。

では、具体的な文例を紹介しますね。

=========================================

暑中お見舞い申し上げます

暑さ厳しい日が続きますがお元気でお過ごしでしょうか。

おかげさまで家族一同元気に過ごしております。

まだまだ暑い日が続きますがくれぐれもご自愛くださいませ。

平成〇〇年 盛夏

スポンサーリンク

=========================================

 

暑中見舞いを出しそびれてしまって時期を外した場合は「残暑見舞い」として出します。

「暑中お見舞い申し上げます」から「残暑お見舞い申し上げます」に文の出だしが変わりますが文末も暑中見舞いは「〇〇年 盛夏」としますが残暑見舞いの場合は「〇〇年 晩夏(または立秋、葉月」)とします。

 

=========================================

残暑お見舞い申し上げます

暦の上では秋とはいえまだまだ残暑厳しい日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。

こちらはおかげさまで元気に過ごしております。

まだしばらくは暑さが続くようですので夏風邪などひかれないようにお過ごしください。

平成〇〇年 晩夏

=========================================

残暑見舞いを出す時期については8月末日までが好ましいです。

また、同じ相手には暑中見舞い、残暑見舞いのどちらか一方で大丈夫です。

スポンサーリンク

暑中見舞い、残暑見舞いは喪中に出しても大丈夫?

暑中見舞いや残暑見舞いを喪中に出してもいいのかを悩む方もいらっしゃいますが両方とも特にお祝い事ではないため喪中の方に出しても失礼になりません。

また、自分が喪中の場合も問題ありません。

ただし、49日が明けていないような場合は落ち着かない場合が多いでしょうから時期をずらして残暑見舞いを出す方がいいでしょう。

暑中見舞い、残暑見舞いのお返しは?返事を書く時期は?

暑中見舞い、残暑見舞いをいただいた場合は必ず返事を書くようにしましょう。

書く時期については「速やかに」です。せっかく気遣ってお見舞い状をいただいたのですから失礼のないように素早く返事を書くようにしましょう。

また、「立秋」前に暑中見舞いをいただいた場合でも、相手に届くのが立秋以降になる場合は「残暑見舞い」として返事を書くようにしましょう。

 

暑中見舞い、残暑見舞いについてのまとめ

いずれにしても相手を気遣って大切に思う気持ちを届けることが一番だと思いますので型にはまらない言葉で近況報告などを文章をしたためてみてはいかがでしょうか?

コメント