節分にいわしを食べる由来は?柊鰯は地域限定の風習?

節分に柊鰯

節分 になると玄関先に柊(ひいらぎ)に鰯(いわし)の頭を刺した飾り を飾っている家を見たことはありませんか?

「柊鰯(ひいらぎいわし)」と呼ばれる節分の際の厄除けの1つですが「節分いわし」「焼嗅(やいかがし)」とも呼ばれています。

今回は

  • 柊鰯の歴史と柊に刺す意味
  • 柊鰯を飾る時期と処分の仕方
  • 節分に鰯を食べる地域

を紹介いたします。

スポンサーリンク
 

柊鰯(ひいらぎいわし)の歴史は?柊に刺す意味

柊鰯

節分とは文字通り「季かれ目」という意味があり、季節の変わり目には邪気が生じると考えられていて、それを払う儀式が行われていました。

節分における邪気払いの儀式には、全国的に行われている「豆まき」や関西から派生した「恵方巻き」を食べる儀式があります。

柊の枝に鰯の頭を刺して玄関に飾る「柊鰯(ひいらぎいわし)」も邪気を払う儀式の1つで柊の枝に鰯の頭を刺して玄関先に飾っておくのが習わしです。

昔から邪気払いには「先の尖ったもの」や「臭いのきついもの」が使われていました。

節分に鰯の頭を柊に刺して飾る意味は

 

  1. 柊のトゲが鬼の目を刺して鬼の侵入を防ぐ
  2. 鰯の頭を焼いた煙と臭いを鬼が嫌って寄ってこない
    逆に鰯の頭を焼いた臭いで鬼を誘い出して柊のトゲで目を突くと言う説もあります。

 

と言われています。

スポンサーリンク

平安時代の土佐日記には柊の枝と「なよし(ボラ)」の頭を正月のしめ縄に刺していたことが記されていて、「柊鰯」は江戸時代の浮世絵にも描かれています。

また「鰯の頭も信心から」という諺がありますが、これは柊鰯に由来します。

鰯の頭のようなつまらないものでも信仰すれば、非常に尊いものに思えてくる信仰心を例えた諺です。

柊鰯を飾る時期はいつからいつまで?処分の仕方も

基本的には節分の当日(2月3日)に飾る地域が多いのですが、小正月(1月15日)の翌日から2月3日の節分までという地域もあるようです。

また、処分の仕方ですが柊鰯は厄除けのために飾った縁起ものですので、「用が済んだらゴミ箱へ」というのも気が引けます。

ですので、柊鰯の処分の方法として次の方法があります。

 

柊鰯の処分の方法
  1. 神社で炊き上げてもらう
  2. 灰になるまで焼いて玄関に盛る
  3. 玄関先に埋める
  4. 塩で清めた後、半紙にくるんで捨てる

 

以上の方法がありますが、「4.塩で清めて半紙にくるんで捨てる」が手間を考えると一番現実的ですので一般的に最も行われている方法のようです。

節分に鰯を食べる?関西地域限定の風習?

節分に鰯を食べるのは主に西日本、特に関西地方の風習といわれています。

その中でも奈良県の一部の地域に根強く残っているそうです。

しかし、近年は奈良県も他府県出身者も多く住んでいるため、節分に鰯を食べる家庭も少なくなっているようです。

他にも関東や東北にも節分に鰯を食べる風習はあるそうですがあまり普及はしていないようです。

まとめ

柊鰯も、その起源は平安時代までさかのぼる歴史のある風習ですが、全国的にはあまり普及している風習ではなかったようですね。

最近では、鰯よりも恵方巻きを食べる家庭の方が多くなっているようです。

コメント