節分

2月3日の節分 は字の通り「季節を分ける」という意味があり「立春、立夏、立秋、立冬」の季節の始まりの前日のことです。

ですので、本来節分は季節ごとに1年に4回ありました。

中でも、立春は1年の始まりとして特に尊ばれていたので、江戸時代以降は節分と言えば、立春の前日を指すようになったそうです。

節分には

  • 豆まき
  • 豆を数えて年齢の数だけ食べたり

と、親から教えられたままに何気なく習慣としてやっていることが多いですよね。

でも、物事には必ず意味や理由がありますので

  • 豆まきの由来や意味
  • 節分に豆を食べる理由は?食べる数は?

など、節分にちなんだ「なぜ?」を子供たちに教えてあげられるようにまとめましたので参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

節分に豆をまく由来と意味

説1.古代中国の追儺(ついな)に由来

文武天皇(もんむてんのう・700年頃)の時代に中国から伝わった「追儺(ついな)」が現代の節分の豆まきの由来とする説もあります。

追儺は大晦日に行われる宮中の行事で旧年の厄や災難を追い払う儀式でした。

平安時代の追儺では「桃の弓」と「葦の矢」を北東と北西に射て厄を祓い清めていましたが、室町時代には「豆」を撒いて厄を払うようになりました。

やがて庶民の「豆まき」に変化していったといわれています。

説2.豆まきは京都鞍馬の伝説から

豆まきには邪気を追い払う意味があり古くから執り行われています。

スポンサーリンク

昔、京都の鞍馬に鬼が出た時に毘沙門天のお告げによって鬼の目に豆を投げつけ鬼退治し災厄を逃れた伝説が始まりと言われています。

 

  • 魔の目「魔目(まめ)」に豆をぶつけて
  • 魔を滅する「魔滅(まめ)」に通じるため節分には豆まきをします。

 

また、豆は必ず炒ったものを使います。

これは生の豆をまいて目が出ると縁起が悪いとされることと「魔目を射る(豆を炒る)」事で「魔滅(まめ)」になり無病息災を祈る意味があります。

スポンサーリンク

節分に豆を食べる理由は?食べる数は?

節分に豆を食べる理由は1年間の無病息災を願う意味が込められています。

火で炒った豆は邪気を祓い福を呼び込む「福豆」と呼ばれています。

その福豆を食べることで体に福を取り込み1年を健康に過ごすことができるといわれています。

豆まきの後、福豆を「年の数(数え年)」だけ食べることは一般的に知られています。

しかし、この「年の数」ですが考え方が2つあるようです。

 

  • 年の数(数え年)だけ食べる。
  • 年の数(数え年)+1個食べる。

 

「+1個」食べるのには「来年の分まで福を取り入れる」という考え方があるそうですが、これは地域または家庭によって様々なのでどちらが正解ということはなく、その家のやり方に従えば良いのではないでしょうか。

まとめ

旧暦では立春が新しい1年の始まりですので、その前日は今でいうところの「大晦日」にあたります。

節分は鬼を「旧年の厄や災難」に見立てて新しい年の無病息災を願うとても大切な行事だったんですね。