春日若宮おん祭2017日程とみどころ

春日若宮おん祭

世界遺産、春日若宮おん祭 (かすがわかみやおんまつり)は奈良を代表する冬の風物詩です。

奈良市内の公立小学校、中学校が休みになるほどの奈良県にとっては公的な行事といっても過言ではありません。

春日大社の摂社(せっしゃ)である若宮神社のお祭りで奈良公園周辺にて毎年12月15日から18日まで行われます。

1136年に関白藤原忠通により、若宮様に大雨、飢え、疫病などの根絶を祈願し始められてから途絶えることなく行われている歴史的なお祭りです。

1979年には国の重要無形民俗文化財に指定されています。

スポンサーリンク

2017年春日若宮おん祭の日程

中心神事スケジュール12月15日~18日

月 日 時 間 神 事
12月15日(金) 13:00 大宿所詣(おおしゅくしょもうで)
  14:30
16:30
18:00
御湯立(みゆたて)
  17:00 大宿所祭(おおしゅくしょさい)
12月16日(土) 14:30頃 大和士宵宮詣(やまとざむらいよいみやもうで)
  15:00頃 田楽座宵宮詣(でんがくざよいみやもうで)
  16:00 宵宮祭(よいみやさい)
12月17日(日) 00:00 遷幸の儀(せんこうのぎ)
  01:00 暁祭(あかつきさい)
  10:00 本殿祭(ほんでんさい)
  12:00 お渡り式
  12:50頃 南大門交名の儀(なんだいもん きょうみょうのぎ)
13:00頃 松の下式(まつのしたしき)
  13:00頃 競馬(けいば)
14:30 お旅所祭(おたびしょさい)
  14:30頃 稚児流鏑馬(ちごやぶさめ)
  15:30~22:30頃 神楽(かぐら)・東遊(あずまあそび)・田楽(でんがく)・細男(せいのお)・猿楽(さるがく)・舞楽(ぶがく)・和舞(やまとまい)
  23:00 還幸の儀(かんこうのぎ)
12月18日(月) 13:00 奉納相撲(ほうのうずもう)
  14:00 後宴能(ごえんののう)
春日若宮おん祭ルートマップ

出典:http://www.kasugataisha.or.jp/

 

春日若宮おん祭のみどころ

それぞれの神事の見どころをご紹介します。

大宿所詣(おおしゅくしょもうで)

おん祭の始まりで「願主役」「御師役」「大和士」が大宿所に参り清めます。

参勤者や一般参拝者たちを清めるのは御湯立(みゆたて)です。

湯立巫女の腰に巻いている「藁のサンバイコ」は安産の霊験があり当日は妊婦の方が多く参拝されます。

また、地元商店街の方からおん祭の名物料理“のっペ汁”“あめ湯”が振舞われます。

スポンサーリンク

大和士宵宮詣・田楽座宵宮詣・ 宵宮祭

大和士(やまとざむらい)と流鏑馬稚児(やぶさめちご)がおん祭の無事を祈願し若宮に御幣(ごへい)を奉ります。

その後、田楽座(おん祭の中で最も華やかな芸能集団)が田楽(豊作を祈るための伝統芸能)を御本社と若宮で奉納します。

遷幸の儀・暁祭

深夜0:00より若宮様が御仮殿よりお遷りになる「遷幸の儀(せんこうのぎ)」が行われます。

その後1:00より宮司の祝詞に続き芝舞台にて古典芸能「社伝神楽(しゃでんかぐら)」が奉納されます。

スポンサーリンク

お渡り式

奈良の町中をみごとな行列がねり歩く、おん祭の一番の見どころです。

12:00より行われます。

お旅所御仮殿へ遷られた若宮様のもとへ祭礼に加わる人々や芸能集団が社参(神社に参る)する伝統行列です。

1番から12番まであり、とても歴史的な迫力ある行列が

奈良県庁⇒近鉄奈良駅前⇒JR奈良駅前⇒三条通り⇒お旅所

と以上のルートで巡行します。

1番日使(ひのつかい)から始まり

神子(みこ)

細男・相撲(せいのお・すもう)

 

猿楽(さるがく)

田楽(でんがく)

馬長児(ばちょうのちご)

競馬(けいば)

流鏑馬(やぶさめ)

将馬(いさせうま)

 

野太刀(のだち)他

大和士(やまとざむらい)

そして12番の総勢100名以上の

大名行列(だいみょうぎょうれつ)と続きます。

南大門交名の儀

南大門跡で興福寺の僧兵(そうへい・仏法保護の名のもとに戦闘に従事した僧)がお渡り式が正しく行われているかを調べる儀式で大和士が人名を列記した文書「交名」を読み上げます。

スポンサーリンク

松の下式

大名行列が一の鳥居をくぐると「影向の松(ようごうのまつ)」の前で猿楽座や田楽座、細男座それぞれの芸能を奉納します。

お旅所祭

若宮様にゆっくり楽しんでいただくためにお旅所の芝舞台で社伝神楽や細男、田楽、舞楽など各種芸能の奉納が23:00まで続きます。

還幸の儀

23:00頃より若宮様は2日間に渡って留守にできないため還幸の儀が行われます。

若宮におもどりになると「若宮おん祭」が終わります。

奉納相撲・後宴能

18日は「若宮おん祭」に関わった人々の慰労宴が行われます。

13:00よりお旅所南側の土俵で奈良の中学生による相撲が行われ、その後、芝舞台で能と狂言が披露されます。

春日若宮おん祭の有料観覧席、桟敷席

おん祭には有料で観覧できる場所も用意されています。

ゆっくりと観覧したい場合は予約できるので下記をご参考にしてください。

  • 登大路園地桟敷席(奈良県庁前):約1,000席/2,000円(お一人)
  • 松の下式観覧席:約160席/3,100円(お一人)
  • お旅所前桟敷席:約160席/5,000円(お一人)

【予約お問い合わせ先】

奈良市観光センター:0742-22-3900

春日若宮おん祭について最後に

春日若宮おん祭は800年以上も続く日本でも有数の伝統行事です。

毎年20万人の方が訪れメインの17日0:00より行われる「遷幸の儀(せんこうのぎ)」は真っ暗な中、松明の灯で若宮様をお旅所までお連れします。

その日、まる1日23:00より始まる「還幸の儀(かんこうのぎ)」まで続きます。

日頃は滅多に見ることのない神事や古典芸能が奈良のあちこちで見ることができます。

800年の歴史を感じながら1度は足を運んでみる価値はある神事です。

コメント