おせち料理の由来や意味

おせち料理

お正月に家族みんなで頂くお料理といえばおせち料理 です。

おせち料理は漢字で「御節料理」と書きます。

もともとは作物の収穫や大漁などの季節の恵みを感謝して、神様にお供えして祝いの席で頂くお料理でした。

この神様にお供えする料理を「節供(せちく、せつく)料理」と言い、これがおせち料理の始まりと言われています。

また、おせち料理のそれぞれの食材にはおめでたい意味や願いを込めた願掛けの意味があるんですね。

例えば、よく知られたところで

焼き海老には「腰が曲がるまで長生きでしますように」という長寿を願った意味があったり

鯛は語呂合わせで「めでたい」など、1品ごとに意味があります。

他にもそれぞれにの意味がありますので詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

おせち料理の意味

おせち料理は地域や各家庭の違いはありますが、三段のお重が一般的ですね。

お重に詰められている食材には、それぞれ意味があります。

“一の重”には祝い肴や口取り

一の重には「祝い肴(いわいざかな)」や「口取り(くちとり)」を詰めます。

祝い肴三種は関東と関西で違いがあり、

  • 関東では「田作り」「数の子」「黒豆」の3品
  • 関西では「田作り」「数の子」「たたきごぼう」の3品

を祝い肴と言います。

祝い肴三種さえあればお正月を祝うことができるといわれている大切なものでおせち料理には欠かせません。

スポンサーリンク

口取りとは、甘みのある料理や酒の肴になるものを言い「栗きんとん」「かまぼこ」「伊達巻き」などです。

  1. 数の子
    ニシンの子である数の子は、二親(ニシン)から多くの子が出ると言う事から、子宝に恵まれる、子孫繁栄の意味があります。
  2. 田作り(イワシの幼魚の佃煮)
    昔、田植えの肥料にイワシをまいていた事から、田を作ると言う意味で五穀豊穣の意味があります。
  3. 黒豆
    マメに1年働き、まめに暮らすと言う事から、健康を願います。
  4. 紅白かまぼこ
    かまぼこは、その形から日の出を現します。紅白は縁起が良いとされます。
  5. 栗きんとん
    金の財宝を意味し、金運をよびます。
  6. 伊達巻
    巻物を表し、知識が増えますようにと願います。

“二の重”には酢の物や焼き物

二の重には酢の物や焼き物をいれます。

  1. 酢蓮根
    蓮根は、仏様のおられる池にあることから、とても縁起が良く、多くの穴があいていることから、見通しが良いと言う意味があります。
  2. 紅白なます
    紅白から水引を意味し、平安と平和を願います。
  3. 焼き海老
    海老の姿から、腰が曲がるまで長生きしますようにと、長寿を意味します。
  4. ぶり
    ぶりは出世魚です。出世を願います。

  5. めでたいです。

  6. 二枚の貝がぴったり合うのが一つしかない事から、夫婦円満を意味します。

“三の重”にはお煮しめ

三の重には煮物をいれます。

お煮しめは、根菜が多く土の中で根を張る事から、末永く幸せでありますようにとの願いが込められています。

  1. 里芋
    親芋にたくさんの小芋がつく事から、子宝を表します。
  2. くわい
    大きな芽が出る事から、出世の意味があります。

  3. すくすく伸びる事から、子どもの成長を願います。
  4. ごぼう
    深く根を張ることから、家族安泰にという願いが込められています。
  5. 人参
    日の出をあらわします。
  6. こんにゃく
    くるりと巻いて結び目のようにして、縁結びをあらわします。

おせち料理まとめ

このように、おせちには色々な願いが込められています。

また、お正月の三が日はいつも台所に立っている女性にゆっくりしてもらうために日持ちのする腐りにくい料理を詰めるという意味もあるようです。

毎年皆でおせち料理を囲み、一つ一つの意味を願いながら頂くと良いですね。

コメント