目の下のクマの原因は?種類別の対策と消す方法は?

目の下のクマ

目の下のクマは大きく分けて3種類あります。

  • 血行不良の青クマ
  • 色素沈着の茶クマ
  • 加齢による黒クマ

どのクマも顔の印象を暗くして不健康に見えてしまいます。

できるだけクマを解消できるように対策を考えていきましょう!

スポンサーリンク

目の下のクマには種類がある!原因と治し方は?

目の下のクマには原因別に種類(タイプ)があるのは知っていましたか?

見た目の色別に

  • 青クマ
  • 茶クマ
  • 黒クマ

の3種類がクマの種類としてはよく知られています。

では、それぞれのクマができる原因を知って取る方法を探って行きましょう。

青クマの原因と対策

青クマ

青クマは目の下がうっすらと青く見えるクマです。

原因として、目の疲れ、寝不足、冷えなどで血行が悪くなると現れるのが「青クマ」です。

目の下の皮膚は非常に薄く、血流が悪くなると滞留した血液がうっすらと青く見えることによってクマが目立ってきます。

青クマの原因は次のようなことが考えられます。

  • 睡眠不足
  • 目の疲れ(眼精疲労)
  • 低体温
  • 乾燥
  • 冷え

以上のようなことが原因になり青クマができます。

また、夏よりも気温が低く乾燥しやすい冬の方が青クマの発生確率が高まるそうですので乾燥や冷えの対策をとると良いです。

青クマの治し方

蒸しタオルで目のまわりの血行促進

目のまわりの血行が悪いのが青クマの原因なら、血行を促進してあげるのが効果的です。

蒸しタオルで目の周りを温めて血流を改善して青クマを取るようにします。

特に目の周りだけにこだわらずに顔全体を温めるのも効果的です。

冷え性を改善する

冷え性の人は、冷え性対策として体を温めるといわれる食べ物を積極的に摂るようにしてみてはどうでしょうか?

具体的には

  • 根菜類(レンコン、ゴボウなど)
  • 豆類(黒豆、大豆など)
  • 青菜類(ブロッコリー、ホウレンソウ、モロヘイヤなど)

他にも海苔、レバーなど葉酸を多く含む食品は血液をサラサラにして血流を良くする助けをしてくれるので積極的に食べるようにしてみてはいかがでしょう。

体全体が温まると結果的に顔の血流も良くなり、青クマ対策に効果を発揮してくれることが期待できます。

スポンサーリンク

茶クマの原因と対策

茶クマ

 

うっすらと目の下が茶色になる「茶クマ」は色素の沈着によって現れます。

紫外線を浴びて日焼けをすると肌が黒く(茶色く)なりますが、これはメラニン色素の発生によるものです。

茶クマの原因はこのメラニン色素が作られ過ぎて沈着したものです。

メラニン色素は刺激によっても発生しますので、目を強くこする癖のある人は茶クマができる可能性が高まりますので注意が必要です。

茶クマの治し方

茶クマは色素の沈着によって発生するので色素が発生しないようなケアをしていく必要があります。

メラニン色素はそもそも肌を守るために発生するものなのでその原因になる「紫外線」や「摩擦」を避けるような行動が大切になります。

UVケアを徹底する

紫外線を浴びるとメラニンが増え、色素沈着の原因になります。

夏だけに限らず、1年を通してUVケアを徹底して色素沈着の予防をすることが大切です。

目元をゴシゴシとこすらない

花粉症などで目がかゆい場合、ゴシゴシと擦ってしまいますがこの刺激が良くありません。

また、アイメイクを落とす時にも強くこすって落とすことは避けましょう。

黒クマの原因と対策

黒クマ

 

黒クマは加齢による目元のたるみが主な原因で発生します。

コラーゲンの減少や目のまわりの筋肉が衰えてハリが失われることによって影ができ黒ずんだように見えてしまいます。

ですので、肌の弾力を取り戻すような対策が必要になってきます。

黒クマの治し方

加齢が主な原因の黒クマはある意味一番手ごわい「クマ」かもしれません。

老化はしかたのない事ですが、そのスピードを抑えることが大切なことです。

眼輪筋を鍛えて目元のハリを取り戻す

眼輪筋を鍛えて目のたるみを解消するトレーニング動画をご紹介します。

本当に簡単なのでこれなら毎日できますよ。

まずは日々の努力から始めてみましょう。

エステで黒クマを綺麗に解消

そもそも原因が加齢による顔のたるみが大きい黒クマを治すには個人の努力では限界があります。

眼輪筋トレーニングでも結果が出ない場合は目元のエステも検討してみては?

「エヴァーグレース(EVER GRACE)」の目元くま徹底コースは初回2980円と気軽に試せるので試しに行ってみるのもいいかもしれませんね。

関東を中心に大阪、愛知にもサロンがあるようです。

また、黒クマ以外にも青クマ、茶クマにも対応しているそうですよ。

まとめ

青クマ、茶クマ、黒クマと種類によって対策も違うんですね。

まずは、それぞれの種類のクマに合った方法でセルフケアをしてみて、どうしても消えないときはエステなどの専門家に頼ってみるのもいいかもしれませんね。

コメント