こどもの日

こどもの日と言えば5月5日、ゴールデンウィークの祝日の1つですね。

「こどもの日=端午の節句=男の子の節句」と漠然としたイメージはあるのですが意味や由来についてはよくわからない事が多いと思います。

  • こどもの日の由来は?
  • 端午の節句とは?
  • 鯉のぼりを飾る理由は?

など、こどもの日の由来からわかることを調べてみました。

スポンサーリンク

こどもの日とは?

こどもの日は1948年に制定された国民の祝日で5月5日の端午の節句に制定されています。

この祝日の主旨としては

「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」

と祝日法2条で定められています。

3月3日のひな祭りが桃の節句で女の子の日。

対して5月5日のこどもの日は男の子の成長を祝う日のイメージがありましたが祝日の主旨は「こどもの日」は男女の区別なく全ての子供を対象にしているのです。

また、「子供の日」ではなくひらがなで「こどもの日」としているのにも理由があります。

「子供」と漢字で書くと「供」の字には

  • 「お供え物(おそなえもの)」・・・神にささげる物
  • 「お供(おとも)」・・・大人に付き従うもの

とういニュアンスがあり、不快感を抱く人がいるためにひらがなで表記するようになりました。

5月5日は端午の節句!その由来や意味は?

元々、5月5日は端午の節句(たんごのせっく)で男の子の健やかな成長を願う行事が行われていました。

端午の「端」は『月のはじめの午(うま)の日』という意味があり、元々は5月に限らず毎月の最初の午の日の事でした。

端午の「午は『「午(ご)」=「五(ご)」』と読みが同じ事から毎月5日を端午とするようになりました。

そして、奈良時代以降は旧暦では午の月は5月にあたるので、5月の最初の「午の日=5日」、“5月5日を端午の節句”として定着するようになりました。

また、端午の節句は「菖蒲(しょうぶ)の節句」ともいわれています。

スポンサーリンク

強い香りのある菖蒲を軒下につるし無病息災を願いました。

また、菖蒲は武道・武勇を重んじる“尚武(しょうぶ)”という言葉と同じ読み方をすることと、菖蒲の葉の形が剣に似ていることから男の子が産まれたら飾り付けをして成長を祝うようになったといわれています。

こうして、端午の節句は男の子の成長を願う行事になりました。

こどもの日に鯉のぼりを飾る意味は?いつから

旗指物

鯉のぼりの原型になったものに江戸時代の武士の旗指物(はたさしもの)があります。

旗指物とは写真のような家紋の入った「のぼり旗」の事です。

戦国時代の映画やドラマで見ることもありますが、合戦の時に鎧の背中に立てていた「旗」の事です。

武士の間では5月5日の端午の節句の時に年に1度、旗指物を飾る習慣がありました。

これは、湿気や虫食いを防ぐためにする「虫干し」の意味もあったそうです。

その習慣がやがて経済力のある庶民にも伝わり、武士が飾るシンプルな旗指物とは対照的に庶民ののぼり旗には鯉の絵を描くのが流行したそうです。

鯉の絵を書いたのには理由があります。

「登竜門」という言葉を聞いたことがありますか?

中国の黄河上流の激流が連なった「竜門」と呼ばれる難所を登り切った鯉は龍になるという伝説があります。

この伝説から「登竜門=立身出世の関門」のことで男の子が難関に打ち勝って逞しく成長することを願って立身出世の象徴として飾るようになりました。

やがて、のぼり旗に鯉の絵を描いただけではなく鯉の形をした「魚型」ののぼりが登場し現在の鯉のぼりの原型になりました。

まとめ

  • こどもの日は1948年に制定された国民の祝日
  • 端午の節句は菖蒲の節句とも言われ男の子の成長を願う行事
  • 鯉のぼりは元々は武士の旗指物が起源
  • 武士が旗指物を端午の節句に飾るようになった
  • 経済力のある庶民がシンプルな武士の旗指物とは対照的な鯉の絵を描いたのぼり旗を飾るようになる。
  • やがて鯉の絵ではなく、魚型の鯉のぼりを飾るようになったのが鯉のぼりの始まり