春日大社

世界遺産に登録されている奈良・春日大社(かすがたいしゃ)は例年、初詣に約50万人の参拝者がある奈良で1番人出の多い神社です。

また、奈良公園にはたくさんの鹿がいて、他のどこにもない景色があります。

今回は春日大社の初詣を検討されている方に

  1. 初詣の参拝時間
  2. 混雑している時間
  3. 比較的おすすめの空いている時間
  4. おすすめのアクセス方法と駐車場情報

をご案内します。

スポンサーリンク

春日大社の初詣!お正月の参拝可能時間は?

元日以降の新年の開門時間、閉門時間は通常スケジュールと異なります。

1日~6日のスケジュールは下記になります。

初詣:春日大社の参拝時間

1月1日(月)・・・0:00~20:00

1月2日(火)~3日(水)・・・6:30~19:00

1月4日(木)~5日(金)・・・6:30~18:00

1月6日(土)以降は通常参拝時間に・・・6:30~17:00

春日大社の初詣の様子を紹介した動画を見つけました。

春日大社の初詣で混雑する日と時間帯

正月の3が日には約50万人の参拝者が訪れます。

特に混雑する時間帯は元日の0:00から夜中3:00頃です。

やはり、新年早々の参拝をしたい人が多いので、開門前の大晦日の晩から参道は人の列で混雑します。

次に混雑するのが元日、2日、3日の3が日の日中は混雑することが予想されますのでできれば避けたいところですね。

春日大社の初詣で比較的空いている日と参拝時間

では、比較的スムーズに参拝できる日時はいつでしょう?

元日の参拝を希望するなら夜明け前4:00頃から7:00頃がおすすめです。

新年早々の0:00から参拝したグループが帰り始めるころが元日では最も空いています。

あとは3が日が終わった4日以降に参拝するのもいいでしょうね。

スポンサーリンク

春日大社へのアクセスと駐車場情報

大阪からのアクセスもいいので春日大社へは電車が一番都合よく目的地に到着できます。

自動車の場合、交通規制の影響で思うように移動できない可能性があります。

また、奈良駅周辺は古い町並みが多いのが特徴です。

抜け道を探そうとしてメインの通りからそれると一方通行で慣れない人は右往左往してしまうでしょう。

ですので、電車で行くのが一番です。

春日大社への電車でのアクセス

奈良公園の鹿春日大社まで

  • 近鉄奈良駅から 徒歩約30分(約2㎞)
  • JR奈良駅から 徒歩約40分(約2.5㎞)

そこそこの距離と時間はかかりますが、奈良公園を横切ってひたすら歩くので、お散歩気分でぶらぶら歩けばそんなに距離は感じないと思います。

奈良の鹿もたくさんいて、楽しみながら目的地に到着しますよ。

春日大社までは各駅からバスも出ているので、利用してもいいかもしれませんね。

春日大社への自動車でのアクセスと駐車場情報

2016年は春日大社(奈良公園周辺)では下記の日程で交通規制が実施されました。

  • 12月31日 22:00~1月1日17:00
  • 1月2日および3日 9:00~17:00

2018年は未定ですが規制があるとすれば自動車での移動は厳しいと思います。

県庁の駐車場など、まとまった駐車場はあるのですが、他には数台止められる小規模駐車場が裏道に点々とあるイメージです。

ですので、規制中の時間帯は自動車でのアクセスは控えた方が無難です。

どうしても自動車でと考えている場合は、交通規制時間外のオススメ駐車場は「ならまち周辺」「猿沢池周辺」ですので参考にしてください。

ならまち周辺駐車場

 

猿沢池周辺駐車場

「ならまち周辺」「猿沢池周辺」は一方通行も多く、道幅も狭い道路です。

また、普段から観光客が多いので車での通行は十分注意してくださいね。

まとめ

やはり、特別なイベントがある時は、奈良へのアクセスは電車が一番ですね。

観光地のわりに駐車場が少ない印象があり、道も細く一方通行も多いので車でのアクセスはあまりおすすめできません。

電車やバスが充実しているので公共交通機関の利用が楽だと思いますよ。