塾選び

学習塾には、大きく分けて個別塾 集団塾 の2つのタイプがあります。

子供の進路を左右する塾ですので子供の性格や目指す高校によって一番いい塾を選びたいですね。

私の子供も高校受験を終えましたが、中学に入学して少ししてから受験生の親という立場で塾選びを真剣に考えました。

塾選びでまず最初に考えたのが「個別塾 」「集団塾 」どちらに通わせるか、と言う事でした。

我が家の場合は最初は子供のペースで勉強を教えてくれる「個別塾」を選びましたが、途中で「集団塾」に行くことにしました。

その理由ですが、今だからわかるのですが私の子供は結果的に「集団塾」に向いている性格だったからだと思っています。

そこで「個別塾」「集団塾」の特徴やメリット、デメリットをまとめてみました。

スポンサーリンク

個別塾のメリットとデメリット、向く生徒は?

個別塾

個別塾は1人の先生に対して1人~2人の生徒で授業をします。

家庭教師に近い環境でカリキュラムを進めていきます。

個別塾のメリット

  1. 目指す志望校の傾向と対策をピンポイントで勉強する事ができる。
  2. 部活動等で時間通りに通えない生徒でも自分が行ける時間で授業を取ることができる。
  3. 生徒の学力に合わせて授業が進むので解らないところをそのままにしてしまう事がない。
  4. 人見知りの子や大勢の中が苦手な子も安心して通える
  5. 先生との相性が悪い場合、別の先生に変えてもらうこともできる。
  6. 現役大学生の先生が多いので生徒と世代が近い分生徒にとっては相談しやすい部分がある。

個別塾のデメリット

  1. 現役大学生の先生は、教え方が上手な人もいればそうでない人もいて当たり外れが激しい
  2. 集団に比べると授業料が割高

個別に向いている生徒は?

  1. 自分で解らないところを不安な事など積極的に手を挙げて聞くのが苦手な生徒
  2. 競争するのではなく、自分のペースで勉強したい子
    得意科目を伸ばしたり、苦手科目を克服したり、自由に選びたい生徒。
  3. 他の子より勉強が遅れていると感じる生徒
  4. 部活動なども一生懸命取り組みたい生徒。

集団塾のメリットとデメリット、向く生徒は?

集団塾

スポンサーリンク

1人の先生と多人数で勉強します。

学校と同じように授業が進んでいきます。途中入塾した生徒は自力で現在の単元まで追いついていく必要があります。

集団塾のメリット

  1. 受験に対しての情報が豊富で、親も相談しやすい。
  2. 決まった時間割で授業を進めていき、テストや模試も多く受けるので親子で学力を把握する事ができる。
  3. 学生ではなく、プロの塾講師なのでよりレベルの高い授業を受けることができる。
  4. 周りにライバルがたくさんいる事によって競争しあい、学力向上が期待できる。
  5. 個別に比べて、授業料は安い

集団塾のデメリット

  1. 学校と同じ授業形式なのでわからないところをそのままにしてしまう事がある。
  2. 途中から入塾するとその単元の最初の部分がわからない場合がある。

集団に向いている生徒は?

  1. 学校の勉強がしっかり理解できている生徒
  2. 競争することによって、モチベーションが上がり負けず嫌いで学習意欲がある生徒
  3. わからない事があれば、積極的に先生に聞くことができる生徒

まとめ

以上は私の子供が塾に通った時に思ったことや近所の親御さん達との情報交換で得た体験談も含んでいます。

子供は100人いれば100通りの性格や個性があります。

冒頭でお話ししました我が家の子供が個別から集団に移った理由は、

子供自身が個別塾で授業を受けていると、自分が今現在どれぐらいの学力があるのか、順位は何位ぐらいかがわからなくなってきて不安になったようです。

わが子が、もくもくとマイペースで勉強ができる子なら個別塾で続けていたのかもしれません。

子供が行っていた集団塾はテストのたびに成績を貼り出されるのでそのたびに目標を持ててプラスに作用したようです。(塾によっては成績を貼り出さないところもあるので塾ごとに確認してくださいね。)

最後は子供本人の頑張りに委ねるしかありませんが、通う塾によって成績が大きく変わってくることも実際にありますので

  • これと思った塾での体験授業や説明会を利用する。
  • 知り合いで通っている子がいるなら評判を聞いてみる。
  • 子供の意見も尊重する。

など、慎重にリサーチした上で間違いのない塾選びをしてくださいね。