女の子の初節句

初節句は赤ちゃんの健やかな成長と厄除けを祈願するお祝いの行事です。

お七夜、お宮参り、お食い初めと誕生後に行ってきた行事と同様に大切な行事ですのできちんと祝ってあげたいものです。

スポンサーリンク

初節句のお祝いとは?何をする日?

初節句とは赤ちゃんが生まれて初めて迎える節句のことです。

男の子は5月5日の「端午の節句」、女の子は3月3日の「桃の節句」です。

男の子は兜や武者人形など、女の子には雛人形をそれぞれ贈って飾ります。

赤ちゃんの成長を願って行うお祝いですので、昔は親せきが大勢が集まってお祝いしましたが最近では両親と祖父母のごく身内でお祝いすることが多くなっています。

女の子の初節句の祝い膳(食事)のメニュー

女の子の初節句には雛人形を飾り、双方の祖父母と両親で祝い膳を囲みお祝いをします。

 

祝い膳のメニュー
  • ≪ちらし寿司≫
    レンコン(先を見通す)や海老(腰が曲がるまで長寿)など縁起の良い食材を使っているので祝い膳にふさわしいとされています。また、「色鮮やかで女の子のお祝いにふさわしい」という意味もあるという説も。
  • ≪蛤(はまぐり)のお吸い物≫
    はまぐりは2枚の貝殻がピタリと合い、他の貝とは決して合わないことから「将来、自分にぴったりの良い夫と出会いますように」という願いも込められている。
  • ≪雛あられ≫
    「ひな遊び」の時に御馳走と一緒に持っていくお菓子が「雛あられ」です。雛あられは菱餅を砕いて作ったという説もあり、赤や緑の色も菱餅が元だからといわれています。
    ※ひな遊び・・・雛人形に野山を見せてあげようと人形を連れ出して遊ぶ習慣。

初節句に記念の写真撮影

最近は初節句の記念写真をプロに依頼してフォトスタジオで撮ってもらう家族も増えています。

スポンサーリンク

フォトスタジオならではの、かわいい衣装が豊富に用意されていますので自宅で撮る写真にプラスしてみるのもいいかもしれませんね。

2月生まれの赤ちゃんの初節句のお祝いはいつする?

2月生まれの女の子の場合、生後間もない頃に3月3日が訪れてしまいます。

産後はママの体調も含めて不安定なことも多々あります。

また、赤ちゃん自身にも負担になることもあります。

そんな場合は無理をして初節句のお祝いはせず、翌年に初節句を行っても良いのではないでしょうか?

ゆっくりと雛人形を選んだりお祝い事には余裕も必要ですよね。

雛人形は誰が用意する?

雛人形は母方の祖父母が用意するというのが慣わしです。

ただ、最近では雛人形を選ぶのは両親で、双方の祖父母が費用を分担して「お祝い金」という形で現金を渡すケースも増えてきています。

そんな場合は両家で相談して分担を決めるのがトラブルもなくスムーズに事が運ぶ秘訣です。

雛人形を飾る時期は?

雛人形は立春の日から2月の中旬ごろまでに飾ります。

「大安」や「友引」の日が縁起が良い日とされています。

また、2月18日または19日は雪が解けて雨に変わる二十四節気(にじゅうしせっき)による「雨水(うすい)」という日です。

この日に雛人形を飾ると良縁に恵まれるという言い伝えもあるそうです。

まとめ

初節句の雛人形は母方の実家から・・・。

というのも昔の話で、今は実際両家が分担したりするパターンが多いみたいですね。

伝統も大事ですが、あまりかたく考えずに、赤ちゃんの記念写真を撮ったり思い出に残る初節句にできたらいいのではないでしょうか。