月見団子の数の意味は?並べ方や台の名前は?

月見団子の数は?

十五夜のお月さまの月見団子は何個並べるのが正解でしょう?

スーパーで売っているパックに入ったお団子は5個とか8個とか10個とか数や並べ方も色々で・・・。

実際、地域によって月見団子の形や数も様々でこれといった正解はありませんが、基本となる数と並べ方はありますので順番にご紹介いたします。

スポンサーリンク

月見団子の数の意味は?

お月見の時に飾る月見団子の数ですが「15個」飾るのが主流です。

この15という数は十五夜にちなんだもので、十五夜の約1か月後にある十三夜ではお団子を13個飾るのが一般的です。

15個以外の数を飾るケースもありますのでまとめておきますね。

  • 12個・・・1年のうちに満月になる回数(うるう年は13回満月になるので13個)
  • 5個・・・15個の省略版

このように「15個」「13個」「12個」「5個」と飾る数も様々なんです。

月見団子の大きさや形に決まりはある?

月見団子の大きさは十五夜にちなんで「直径が一寸五分(約4.5センチ)」の大きさで作られています。

また、形は満月のように真ん丸かと思いきや「少しつぶした」形になっているんですね。

真ん丸の団子は死者の枕元に供える「枕団子」のようで縁起が悪いとの理由で月見団子はわざとつぶして扁平にするのです。

また、主流の月見団子は上新粉に砂糖で甘みを付けた白いお団子ですが関西の月見団子は白い団子を里芋のような形にして「こしあん」を帯のように乗せたものが主流です。

スポンサーリンク

月見団子の並べ方は?

では、月見団子の並べ方について数ごとにご紹介します。

  • 15個の場合
    1段目(下段)3×3で9個
    2段目(中段)2×2で4個
    3段目(上段)2個
  • 13個の場合
    1段目(下段)3×3で9個
    2段目(上段)2×2で4個
  • 12個の場合
    1段目(下段)3×3で9個
    2段目(上段)3個
  • 5個の場合
    1段目(下段)2×2で4個
    2段目(上段)1個

注意したいことが15個の場合は上段に2個、12個の場合は上段に3個並べますが正面から見て一直線(1個に見えるよう)に縦に並べます。

お月見は豊作に感謝し祈願するために神様にお供えをする神事です。

お団子を横に並べるのは仏事のお供え物の並べ方になるので注意しましょう。

スポンサーリンク

月見団子の台の名前は?どこにお供えする?

月見団子に三方月見団子は三方(さんぽう)というヒノキなどでできた台の上に白い紙を敷いてお供えします。

お正月の鏡餅供えるのも「三方」で神様へのお供え物を乗せるための台です。

台の部分の三方向に眼像(くりかた)と呼ばれる穴が開いているので三方と言うんですね。

三方はどこの家にもあるわけではないので月見団子はお皿やお盆に白い紙を敷いて並べても問題ありません。

月見団子をお供えする場所

月見団子は農作物の収穫に感謝し来年の豊作を祈願するためのお月様へのお供え物です。

なぜ月にお供え物をするのかというと昔は月が信仰の対象で神様そのものだったからなんです。

ですので、飾る場所は「縁側」「ベランダ」「出窓」など月が見える場所に飾るようにしましょう。

また、お団子以外にも「ススキ」や「野菜」などをお供えします。

位置はお月さんから向かって

  • 右側に月見団子
  • 左側にススキや野菜

をお供えするようにしましょう。

まとめ

月見団子は

  • 15個(並べ方・・・1段目3×3個、2段目2×2個、3段目2個)
  • 13個(並べ方・・・1段目3×3個、2段目2×2個)
  • 12個(並べ方・・・1段目3×3個、2段目3個)
  • 5個(並べ方・・・1段目2×2個、2段目1個)

以上のような数と並べ方の基本があります。

また、三方に紙を敷いて並べるものですが一般家庭に三方のある所もそうそうないのでお皿やお盆に紙を敷いて並べても問題ありません。

コメント