建国記念の日の由来と意味!建国記念日と言わない理由は?

建国記念の日

2月11日は「建国記念の日」で日本の国民の祝日の1つです。

建国記念の日とは文字通り「日本という国ができた日(建国した日)」と思いがちなのですが、実は少し違うんですね。

  • 建国記念の日
  • 建国記念日

この「の」があるかないかで意味が大きく違ってきます。

では、

  • 「建国記念の日」の由来
  • 「建国記念の日」と「建国記念日」の違い

について、ご案内いたします。

スポンサーリンク

建国記念の日の由来は?2月11日になった理由とは?

「建国記念の日」は日本の国民の祝日の1つで2月11日です。

建国記念の日の趣旨について、「建国をしのび、国を愛する心を養う。」と国民の祝日に関する法律で規定されています。

では、建国記念の日が2月11日になった由来についてご案内いたします。

建国記念の日は紀元節に由来する?

神武天皇日本の初代天皇とされる神武天皇の即位日が紀元前660年1月1日といわれています。

この日付は旧暦によるもので、新暦に換算した日が1月29日になります。

ただ、1月29日は旧暦の正月になるので「神武天皇即位」を祝う日という意味が薄れてしまうという理由で2月11日に決まったそうです。

神武天皇の即位日にちなみ、1873年(明治6年)に2月11日を日本国の建国の日とする「紀元節(きげんせつ)」という名の祭日と定められました。

しかし、第二次世界大戦後に天皇と日本国民の団結力が高まることを懸念したGHQ占領軍によって1948年(昭和28年)に「紀元節」は廃止されました。

スポンサーリンク

その後、国民からの「紀元節」の復活を望む機運によって国会で何度となく議論を重ね1966年(昭和41年)に「建国記念の日」として定められました。

建国記念の日が建国記念日とは違う理由

2月11日は何の日?

という質問をすると「建国記念日」という答えが普通に返ってくると思います。

正解は「建国記念の日」と“の”が入っているのですが、一緒じゃないの?

と思ってしまいますが、実は明確に意味が違うのです。

日本には明確な建国記念日はない?

元々は神武天皇の即位日にちなんで2月11日を「紀元節」という祭日に定めていたのは先ほどお話しした通りです。

しかし、そもそも神武天皇の存在そのものが神話の世界のお話で実在していたかどうかも定かではなく、神武天皇の即位日が紀元前660年1月1日という日付も現実のものではないという説もあります。

このような理由から

日本には「この日が建国した日」という明確に確定している日がないのです。

ない、というよりもわからないのです。

 

世界の国を見てみると

  • アメリカの独立記念日(7月4日)
  • ドイツの統一の日(10月3日)
  • ロシアの主権宣言記念日(6月12日)

などを例にしてみても、どの国も明確に日付が確定しています。

 

その点、日本は侵略された歴史もなく125代も続く天皇制の国家です。

初期のころの天皇が実在するかどうか不明な要素も多く、明確に日本の始まりの日はわかっていません。

このように「歴史的なことがわかっていないのに“建国記念日”を確定させるのはおかしい」という意見もあり、【建国記念の日】にすることになりました。

「建国記念の日」と「建国記念日」の違い

建国記念の日とは?

  • 日本が建国された日は不明だけど、日本という国が建国され、今も続いている事実を記念する日

建国記念日とは?

  • 建国した日が明確に確定している

ということになります。

まとめ

日本には「建国記念日=建国の明確な日」があるようでなかったんですね。

その理由が、日本という国が世界でも類を見ない歴史のある国だからというのは誇らしい事ですよね。

コメント