犬の食べ物禁止リスト!イカ・エビは?玉ねぎ・ネギにチョコも!?

犬に与えてはいけない食べ物愛犬を飼っている人は覚えておいた方が良い「犬に食べさせてはいけない食品」をまとめてみました。

我が家にもトイプードルがいますが、人間の食べ物は与えないようにしています。

でも、昔の人は「犬には人間の残飯を与えておけばいい」という考えの人もいるようですね。

実際、私が子供のころは今の我が家のようにドッグフードだけを与えている家庭は少なかったような気がします。

でも、人間にはふつうの食べ物でも犬にとっては毒になるものが意外とたくさんあります。

考えてみれば人間と犬では体の作りが違うので当然のことですよね。

調べていると意外なものが危険な食べ物だったので、飼い主の方、もう一度確認の意味でぜひご覧くださいね。

愛犬家におすすめの関連情報

スポンサーリンク
 

犬に与えてはいけない!食べたら危険な食品

犬に玉ねぎ・ネギは貧血の原因に!?

犬が食べてはいけない食品ネギ属

犬にネギを与えてはいけないというのはよく聞く話で実際にネギ、玉ねぎ、にんにく、ニラ、ラッキョウなどの「ネギ属」には
犬の赤血球を破壊する“アリルプロピルジスルファイド”という成分が含まれています。

中でも「HK型/HG型イヌ赤血球」という型の赤血球を持つ犬に与えるとタマネギ中毒になり死に至るという研究結果も出ているそうです。

「HK型/HG型」は柴犬や秋田犬などの特定の犬種に多い型だそうです。

犬にアボカドはアレルギー中毒に?

犬が食べてはいけない食品アボカド

人間以外のほとんどの動物にとって毒になる「ペルシン」という物質が含まれています。

症状には胃腸刺激、嘔吐、下痢、呼吸困難などによって死に至る場合があります。

アボカドの中でも日本で売られている「グアテマラ種」が特にペルシンの含有量が多く犬にとって危険性が高いそうです。

アボカドの中毒はアレルギー反応が原因のため、ひどい中毒症状を起こす場合とそうでもない場合があり個体差があるそうです。

主な中毒症状は次のようなものがあります。

  • 胃腸刺激や嘔吐
  • 下痢
  • 呼吸困難
  • うっ血
  • けいれん

犬がぶどうやレーズンを食べると腎不全の原因に!?

ASPCA(アメリカ動物虐待防止協会)が2004年にブドウを食べた犬の腎不全症例を報告したことがきっかけで一般的にも犬に与えてはいけない食べ物として知られるようになりました。

症状としてはブドウを食べた後72時間以内に吐き気、下痢がみられ、食欲不振、腹痛や元気消失、脱水などの症状も併せて見られます。数日後には腎不全を呈し長期間の治療が必要になるものや死亡に至るものもあります。

どれだけの量のブドウを食べると腎機能に問題を起こすか検討されましたが、ブドウの量としては 動物の体重1Kgに対してブドウ32g、干しブドウで 体重1Kgに対して11〜30g以上と見られています。また、食べたブドウの形態については、生のもの、干しブドウなど色々な形態のブドウで症状が見られています。

出典:埼玉県獣医師会

犬が食べてはいけない食品レーズン

スポンサーリンク

葡萄に関しては中毒の原因がはっきりしていないそうですが、

「危険な可能性があるものは与えない」

ことが飼い主の責任でもありますよね。

 

犬にチョコレートやココアなどのカカオ類はNG

犬が食べてはいけない食品チョコレート

カカオに含まれている「デオプロミン」という成分が犬にとって毒になり中毒症状を引き起こすことがあるそうです。

飼い主のチョコを犬が勝手に食べてしまった、というパターンが多い食品だと思います。

実際に私のペット(トイプードル)もミスタードーナツの「チョコファッション」を丸ごと1個を勝手に食べたことがあります。

どうなったかと言いますと・・・・

満足気に食べきった後も何の変化もなく元気にしていました。

体重1㎏あたり、「デオプロミン」の摂取量が100㎎~200㎎が危険な量とされ、致死量に達するのは、240㎎~500㎎とされているそうなのでドーナツにコーティングされているぐらいでは小型犬でも大丈夫だったのでしょうね。

ただし、飼い主としては反省しなければいけませんね。

特にカカオ含有量が多い高級チョコレートは犬に近づけないように注意が必要です。

キシリトール(甘味料)は犬に危険?震える原因に!?

犬が食べてはいけない食品キシリトール

人間にとっては虫歯予防のガムなどに使用されているキシリトールですが、キシリトールは犬の体内でインシュリンの分泌を促進する働きがあるそうです。

インシュリンは糖尿病の治療薬として血糖値を下げる作用があり、大量のインシュリンが分泌されると低血糖症状になり「めまい」「立ちくらみ」「痙攣(けいれん)」「嘔吐」などの症状をともない最悪、死に至る場合もあります。

また、インシュリンの大量分泌は肝機能障害を引き起こすこともあるそうです。

どこでも普通に手に入るキシリトールガムですが、9キロの犬でも2~3枚のガムで致命傷となりえるそうなので十分な注意が必要ですね。

犬にNGな食べ物!タコ、イカ、エビ

犬が食べてはいけない食品タコ

タコ、イカは犬にとってはとても消化の悪い食べ物のため消化不良や嘔吐の原因になり与えない方が良い食材です。

タコやエビには「チアミナーゼ」というビタミンB1を破壊する成分が含まれています。

ビタミンB1を蓄えておくことができない犬にとっては、急性のビタミンB1欠乏症を引き起こしてしまう危険性があるそうなので積極的に与えるのは控えた方がよさそうです。

また、エビには「トロポミオシン」というアレルゲンになるたんぱく質が含まれていてアレルギーの可能性もはらんでいるそうなので与えてはいけない食品です。

犬に危険な飲み物!カフェインを含んだコーヒーやお茶

犬が食べてはいけない食品コーヒー

カフェインは人間にとっては眠気覚ましやダイエットなどの効果があるといわれている物質ですが犬にとっては危険な物質なので与えてはいけません。

犬にカフェインを与えると興奮状態、嘔吐や下痢、多量のよだれなどの症状が現れ、痙攣や呼吸不全によって最悪の場合、死に至る事もあるそうです。

致死量として、体重1㎏あたりカフェイン100㎎~200㎎ぐらいだそうです。

 

主な飲料のカフェイン含有量

主な飲料の100mlあたりのカフェイン含有量です。

  • インスタントコーヒー:約60㎎
  • レギュラーコーヒー(ドリップ):約60㎎
  • 玉露:約160㎎
  • 煎茶:約20㎎
  • 紅茶:約30㎎
  • ウーロン茶:約20㎎

五訂日本食品標準成分表による成分分析値

まとめとして犬の食中毒は飼い主の責任

紹介した食品の中には、個体差によって中毒を起こさない犬もいるようですが、中毒を起こす可能性があると言われている食品を積極的に与える必要は全くないですよね。

なによりペットの健康を思って欲しがるものをすべて与えないようにすることが飼い主の責任ですね。

コメント