赤ちゃんの夏のお風呂の回数は?温度は?湯船に入れる時の注意点

赤ちゃんお風呂の回数

生後1か月を過ぎたころから赤ちゃんは大人と一緒にお風呂に入ることができるようになります。

特に夏は「おむつかぶれ」や「あせも」など心配事がたくさんですよね。

  • 夏に赤ちゃんと一緒にお風呂に入る時の回数
  • お風呂の温度
  • 湯船に入れる時の注意点

などをご紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんの夏のお風呂の回数は?

赤ちゃんはとても“新陳代謝”がよく本当に汗かきです。

皮脂も多く特に夏は“あせも”や“おむつかぶれ”など心配事もいっぱいです。

まだまだ動かずに寝ているだけの赤ちゃんですが毎日お風呂に入れてあげてくださいね。

しかし、いくらお風呂に入れるようになったとはいえ回数は1日1回で充分です。

おむつかぶれがひどい時はお尻だけシャワーで流してあげると良いです。

おむつを変えるタイミングでシャワーで優しく洗ってあげてくださいね。

お風呂には赤ちゃんの機嫌が良い時に楽しく入ってあげてください。

赤ちゃんが疲れないようにお風呂に時間は10~15分ぐらいにしましょう。

赤ちゃんの夏のお風呂の温度は?

春先までは40℃ぐらいの温度ですが夏場は38~39℃ぐらいで良いでしょう。

大人が入る時よりも少し低めにすることを心がけ2~3分浸かるだけで充分です。

くれぐれも赤ちゃんが疲れないように長風呂はしないでくださいね。

スポンサーリンク

赤ちゃん の夏のお風呂、湯船に入れる時の注意点は?

赤ちゃんを湯船に入れる場合、必ず一番風呂に入れてあげてください。

まだまだ抵抗力がないので清潔なお風呂に入れてあげなければいけません。

特に夏はカビや雑菌が繁殖しやすい季節なので、常に浴室を清潔にしておく必要があります。

一緒に入る時は、まず大人が先に体を洗ってから赤ちゃんを入れるようにしましょう。

上がったらすぐにタオルで水分をとり自分もササッと準備をして肌着とオムツを着せてあげてください。

肌着と背中の間にガーゼを1枚入れてあげると汗を吸ってくれるのでおすすめです。

裸の方が涼しくて良いように思いがちですが汗が乾くと体が冷えたりあせもがひどくなったりするので、汗を吸う気持ちの良い肌着を着せてあげてくださいね。

まとめ

とにかく赤ちゃんは汗かきなので毎日お風呂に入れてあげましょう。

1日1回、疲れている場合や湿疹、かぶれがある時は水圧や温度に気を付けてシャワーだけで済ませても良いでしょう。

  • 熱がないか
  • 機嫌が良いか

必ず忘れずにチェックしてくださいね。

特に清潔を心がけてお湯の温度は38~39℃で長風呂をせずに楽しんで入ってくださいね。

お風呂が大好きな赤ちゃんになると嬉しいですよね。

コメント