エイプリルフール

4月1日は嘘をついていいという「エイプリルフール(April Fool)」。

日本語で「4月バカ」ですが、いったいいつからそんな習慣があるのでしょうか?

これが日本のある地域だけで流行っている習わし、という事ならその土地に何か特別なことがあったのかと思いますが、エイプリルフールは世界中に浸透しているのでいったいどこが起源で由来は何なのか?

調べてみると意外な事実が判明しましたよ。

スポンサーリンク

エイプリルフールの由来は?

この日だけはウソをついても許されるという日「エイプリルフール」ですが、その由来には意外な事実がありました。

それは・・・

「はっきりしたことはわからない。」

と、いう意外な事実がわかりました。

これほど世界中に浸透しているイベントの起源が驚くことにわからないとは思ってもいませんでした。

しかし、火のないところに煙はたたないもので、エイプリルフールの由来にはいくつかの説があるそうですので
順番に紹介していきますね。

いかにも本当っぽいものから、こじつけっぽいものまで、いろいろな説が由来として語り継がれているので見ているだけで面白いですよ。

エイプリルフールは世界中に起源が!?有力な5説紹介

フランスのシャルル9世のグレゴリオ暦反発説

フランスのシャルル9世フランスは元々4月1日を新年として新しい年を祝うお祭りをしていました。

ところが、1564年に国王シャルル9世が1月1日を新年とするグレゴリオ暦を採用しました。

このグレゴリオ暦に反発した市民が4月1日を『嘘の新年』とて騒ぎ始めました。

これが「エイプリルフール」の起源になったという説です。

その後、このことに腹を立てたシャルル9世は「嘘の新年」を祝った民衆を片っ端から逮捕し処刑したそうです。

フランスの人々はこの事件を忘れないように毎年4月1日を『嘘の新年』として祝い続けたそうです。

これが500年近く経った現代で世界中で広まったとの説があります。

 

フランスの4月の魚=騙されやすい人

ポワソン・ダブリル同じくフランスの説ですが、フランスでは4月1日をエイプリルフールとは言わずに

『Poisson d’Avril(ポワソン・ダブリル)=4月の魚』

と呼んでいます。

4月になるとサバに似た「マクロ―」という魚がものすごく獲れるそうで大漁に盛り上がるそうです。

  • 騙されやすい人
  • 利口でないもの

を簡単につかまる「4月の魚」と例えるようになったとか。

また、この日は魚の形をしたパイやケーキを食べたり、魚の絵を描いた紙をこっそり背中に貼ってイタズラをして楽しむ習慣もあるようです。

スポンサーリンク

インドの修行僧の仏教起源説

インドの修行僧インドでは春分から3月31日まで厳しい修業が行われていましたが、普通の生活に戻る「4月1日」に修行から俗世へ戻った僧侶たちが開放感から人をからかったり、悪ふざけするような風習があったそうです。

これを「揶揄節(やゆせつ)」といって、これが欧米に広まってエイプリルフールになったとする説もあります。

ノアの箱舟のハト説

ノアの箱舟旧約聖書のノアの箱舟が由来という説もあります。

大洪水の為に箱舟に逃れ、陸地を探すためにノアは1羽のハトを放ちます。

しかし、ハトは陸地を見つけることができずに帰ってきます。

その日付が4月1日だったために、

ハトを放ったことは無駄だった→無駄なことと言えば→嘘をつく

これがきっかけで4月1日は嘘をついてもいいとなったとする説もあるそうです。

イギリスのオークアップルデー

オークアップルデーイギリスの風習に「オークアップルデー」という日があります。

オークアップルデーは1660年のチャールズ2世の王政復古を祝う記念日で5月29日の祝日です。

この日は「樫の実=オーク」を身に着け国王に忠誠を誓うという風習です。

オークを付けていないものは皆に責められたり、からかわれたりしたそうです。

ただ、これを行うのが午前中だけとのことで、午後になればからかわれることもないそうです。

日本でエイプリルフールの嘘は午前中だけということが言われるようになったのもこのイギリスの「午前中」というところにこじつけて広まったのではないかといわれています。

関連記事

 

これもSNSが普及した最近の話で昔は時間の縛りはなかったように思いますが・・・。

オークアップルデー説は日付も5月29日と少し離れているのでどうなのでしょうね。

まとめ

いかがですか?

結局どれも信ぴょう性がなく、こじつけっぽい説も入り混じって真実はわからないですよね。

エイプリルフールが嘘を言ってもいい日ということなので、いろいろな説そのものが、誰かが言い出したジョーク(嘘)が伝わって本当のことがわからなくなってしまったのでしょうね。

10年後には誰かが考えた新しい説が誕生してるかもしれませんね。

 

いづれにしても、エイプリルフールにはシャレにならないウソは厳禁です。

楽しくて笑える嘘を考えましょう。