甘酒

 

日本古来の発酵食品「甘酒」。

起源は日本書紀にも記されているほど古くから日本人の生活に根付いていますが近年、「甘酒は飲む点滴」と称されるほど、健康効果が見直されています。

甘酒は寒い冬の飲み物というイメージがありますが江戸時代には夏バテ防止の飲み物として、また、夏の季語として俳句にも読まれる夏の飲み物なんですね。

そんな日本が誇る甘酒の

  • 甘酒の種類
  • 疲労回復効果
  • ダイエット効果
  • 便秘解消効果

を詳しく見ていきましょう!

【関連記事】
便秘解消は生活習慣の改善から!効果的な食べ物、飲み物は?

スポンサーリンク

甘酒には酒粕と米麹の2種類の原料があります

酒粕
酒粕
米麹
米麹

甘酒には大きく分けて2種類あります。

酒粕から作られたものと米麹から作られたものです。

酒粕から作られる甘酒は酒粕を水で溶いて作られます。

酒粕だけでは甘みが薄いため、砂糖を加えて甘みを出します。

また、アルコールを含んでいるので未成年は飲めませんし、お酒の弱い人、妊婦さんなどは控えた方が良い場合もあります。

対して米麹から作られる甘酒は、米麹と米を原料として酵素によってデンプンを糖化して甘みを出します。

スポンサーリンク

「甘酒」と言っても米麹の甘酒はアルコールを含まないので誰でも飲むことができます。

美容や健康を意識するなら砂糖を使用しない米麹から作られた甘酒がおすすめです。

カロリーも低く自然の甘みを味わえますよ。

甘酒の栄養と効果

甘酒の栄養

米麹を原料とする甘酒には次のような栄養成分が含まれています。

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • 葉酸
  • 食物繊維
  • オリゴ糖
  • アミノ酸
  • ブドウ糖

これらの栄養が点滴とほぼ同じ内容であることから「飲む点滴」と呼ばれているそうです。

また、ビタミンB群や酵素などは熱に弱く沸騰させると効果がなくなってしまいます。

温めて飲みたい場合は50度以内で飲むようにしましょう。

スポンサーリンク

1.甘酒で疲労回復

ビタミンB群は摂取した糖質と脂質をエネルギーに変えてくれる役割があります。

甘酒にもビタミンB群が豊富に含まれています。

ビタミンB群は体内に貯めておくことができないので毎日摂取する必要があります。

コップ1杯程度の甘酒なら毎日気軽に摂ることができますよね。

2.甘酒でダイエット効果

甘酒がダイエットに良いとよく聞きますが、甘酒を飲んでいつもの食事をしていては甘酒の分のカロリーをいつもより過剰に摂取するだけです。

あくまでもいつもの食事と甘酒を置き換えるとダイエット効果を感じることができます。

甘酒は100gあたり81kcalと低カロリーのわりに多くの栄養を含んでいますので置き換えダイエット食品として適しています。

では「朝・昼・晩」のどの食事と置き換えるとより効果的でしょうか?

1食のどこでもいいのですがより効果的なのは「朝食」です。

ビタミンB群の効果で食べたものを効果的にエネルギーに変えてくれるので朝食に甘酒を摂ることで、1日中疲れ知らずで過ごすことが期待できます。

3.甘酒で便秘改善

甘酒は「日本のヨーグルト」というキャッチコピーで販売されることもあるほど乳酸菌を多く含む発酵食品です。

甘酒に含まれる乳酸菌は胃酸に強く生きた状態で腸内に届いてくれます。

腸に届いた乳酸菌は善玉菌となり整腸効果が得られ腸内環境が改善されます。

腸の活動が活発化して便秘解消の効果も期待できます。

まとめ

甘酒は「飲む点滴」や「日本のヨーグルト」など健康イメージの強い食品です。

いままで日々の生活で甘酒を取り入れてなかった方は少しずつでも取り入れてみてはどうでしょう?

ジュースの代わりやお菓子の代わりに置き換えてみたら色々と効果を実感できるかもしれませんよ。