七五三は何歳で祝う?数え年と満年齢 早生まれはいつする?

七五三は何歳?七五三のお祝いは何歳でするんだろう?

数え年と満年齢どっちだっけ?

特にうちの子は早生まれなのでいつしたらいいんだろう・・・。

と、迷ってしまうことあると思います。

  • 七五三は男の子と女の子それぞれ何歳でするのか?
  • 数え年と満年齢どっちで祝うか?
  • 早生まれの場合はどうするのか?

ちょうど我が家には1月生まれの息子がいます。

実際にどのパターンで「七五三詣」をしたのかを交えて分かりやすく整理しました。

スポンサーリンク

七五三は何歳でする?

七五三を祝う年齢は「地域」によって若干の違いがありますが

男の子・・・3歳と5歳

女の子・・・3歳と7歳

これが一般的に七五三をお祝いする年齢になります。

 

七五三は元々は平安時代の貴族の間で行われていたそれぞれの年齢で行う儀式が由来になっています。

七五三の由来になった儀式とは?
  • 3歳の「髪置(かみおき)の儀」:男女児とも3歳になって毛髪を伸ばし始める儀式
  • 5歳の「袴着(はかまぎ)の儀」:5歳になった男児に初めて袴を着せる儀式
  • 7歳の「帯解(おびとき)の儀」:女児が付け紐で来ていた着物から7歳で帯を締めるようになる儀式

これらの儀式が明治以降、庶民の間でも行われるようになったのが七五三のお祝いの始まりになっています。

 

私の出身の大阪では「男の子の3歳」のお祝いは聞いたことがありませんでした。

でも、最近は全国的に3歳の男の子も七五三をする傾向にあるようです。

大阪出身としては3歳の男の子の七五三に違和感を感じていたので全国の神社のホームページを調べてみました。

  • 明治神宮(東京)
  • 春日大社(奈良)
  • 住吉大社(大阪)
  • 八坂神社(京都)

以上の神社の公式サイトには七五三をする年齢に「3歳=男女児」と書かれていました。

大阪も最近は男の子の3歳の七五三も常識になりつつあるようです。

スポンサーリンク

七五三は数え年と満年齢どっちでする?

数え年とは生まれたその日に1歳になり正月を迎えるごとに年を重ねていく数え方です。

七五三詣は明治時代は「数え年」が主流でしたが今では「満年齢」で七五三を祝う家族の方が多くなっています。

理由の1つとして数え年の場合「生後1年11か月」で七五三の日を迎えるケースがあり幼過ぎるということもあるようです。

例えば

  • 12月31日に生まれた子は翌日に「数え2歳=実質生後1日」
  • 翌年1月1日に「数え3歳=実質生後1年と1日」
  • 同年11月の七五三に「数え3歳=実質1年11ヶ月」

と、あまりにも幼い「3歳」の可能性があるからです。

もちろん昔と同じように「数え年」で祝っても問題ありません。

例えば兄妹の年齢差によっては

  • 兄は満5歳
  • 妹は数え3歳

というケースも考えられると思います。

子供の成長具合や家族の都合によって「数え年」「満年齢」は臨機応変に決めれば問題ありません。

スポンサーリンク

七五三 早生まれはいつする?

早生まれの子(1月1日~4月1日生まれ)も「数え年」「満年齢」都合の良い方でお祝いすればいいんです。

3歳のお祝いは「幼過ぎる」ということで満年齢ですることの方が多いようです。

ただ、5歳と7歳のお祝いは都合の良い方でお祝いすればいいのではないでしょうか?

  • 同級生と同じ年に七五三をするなら「数え年5歳(満4歳)」の時
  • 満5歳にこだわるなら翌年

と都合のいい年にお祝いすればいいと思います。

ちなみに私の息子は1月生まれ(早生まれ)ですが、2学年上の7月生まれの姉がいます。

実質2年6ヶ月の年齢差なので11月の七五三詣は

  • 姉・・・満7歳4か月(数え8歳)
  • 弟・・・満4歳10か月(数え5歳)

このパターンで祝いました。

家の都合で満年齢と数え年をミックスさせたパターンですね。

まとめ

七五三を祝い年齢は

  • 男の子・・・3歳と5歳
  • 女の子・・・3歳と7歳

が一般的です。

また数え年と満年齢のどちらでするのも正解で都合の良い方で祝えば問題ありません。

  • 早生まれの子の場合も同級生と同じ年に祝うのなら「数え年」で。
  • 満年齢で祝うのなら翌年に

と都合に合わせてお祝いするのが無理のない祝い方なのでおすすめです。

コメント