七五三の千歳飴、由来と意味は?

千歳飴

七五三で連想するものと言えば真っ先に千歳飴が思い浮かびますよね。

あの千歳飴はどうして七五三の時に子供に持たせるようになったのでしょうか?

てっきり子供に対するご褒美の飴かと思っていましたが、実は違う意味があったんです。

スポンサーリンク

千歳飴の由来は?誰が最初に作ったの?

千歳飴の由来は諸説あり有力な説として次の2つがあります。

説1.七兵衛さんの「千年飴(せんねんあめ)」

江戸の中期・元禄時代に浅草の浅草寺で七兵衛さんという飴売りが紅白の棒状の飴を長生きするようにと「千年飴(せんねんあめ)」という商品名で売ったのが始まりとされています。

説2.大阪商人の平野甚左衛門

1615年ごろ、平野甚左衛門という大阪の商人が江戸に出て「長い千歳飴を食べると千年もの長寿になる。」というふれこみで浅草の浅草寺で売り始めたのが始まりとする説もあります。

どちらにしても浅草の浅草寺が千歳飴の発祥の地のようですね。

千歳飴の細長い形の意味は?

千歳飴は紅白の長細い飴で袋は

  • 鶴亀
  • 松竹梅
  • 寿

とおめでたいもので埋め尽されたありがたいデザインですよね。

スポンサーリンク

「細く長い形は長寿を願う」 そして「紅白は縁起のいい色」 として作られています。

江戸時代は今ほど医学が発達していなかったので子供の生存率は私たちが想像するよりも低かったようです。

このような事情もあり、当時は今よりも子供の健康を願う気持ちは切実で「健康ですくすく育ってほしい」という親の願いが千歳飴の形や色に表れているんですね。

また、当時甘いものは大変貴重なぜいたく品で大切なお祝いの日にふさわしいものだったんですね。

千歳飴は誰が食べるの?

七五三の主役はやっぱり子供。

ですので千歳飴は子供にあげるご褒美のようなものと思いがちですが実は子供だけのものではないのです。

千歳飴は通常は年の数だけ入っています。

  • 3歳は3本
  • 5歳は5本
  • 7歳は7本

これだけたくさん入っているのにも意味があり、子供の成長を願って家族みんなで食べ、お祝いしてくれたご近所さんにも「お福分け」 をしてみんなでいただくためにたくさん入っています。

まとめ

千歳飴が細長いのにはちゃんとした理由というか願いが込められていたんですね。

ちなみに千歳飴の規格は「直径14.5㎜以内、長さ1m以内」と決められているそうです。

これ以上長かったら自分の身長よりも長くなってしまう子が続出しちゃいそうですよね。^^;
(自分の身長よりネクタイが長い芸人さんのように・・・。)

今の時代、子供が産まれて幼稚園、小学生、中学生と成長していくのがある意味普通のことのようになっています。

でも、昔はそれが普通のことではなかったので七五三という行事ができ、千歳飴のような縁起物ができたんでしょうね。

コメント