49日法要の喪主の挨拶の流れと文例 締めの挨拶も

49日の喪主の挨拶

身近な家族が亡くなって49日法要の挨拶はどんな内容で話せばいいのかわからない・・・。

葬儀や法要の喪主をすることは人生の中でそう何度もあることではないの当然ですよね。

49日の喪主がする挨拶の内容は難しく考えることもなく、一定の流れがあります。

また、人前で挨拶をするのが苦手な人は紙に書いたものを読んでも問題はないので、あまり緊張せずに良い意味で気を楽に挨拶をすれば問題ありません。

では、

  • 49日法要の当日の流れ(挨拶をするタイミング)
  • 49日の喪主がする挨拶の文例
  • 49日の締めの挨拶の文例

をわかりやすく簡潔にまとめました。

関連記事
49日法要の服装は?アクセサリーで気を付けること

スポンサーリンク

49日法要の喪主の挨拶の流れ

四十九日忌(しじゅうくにちき)は中陰が満ちて故人が成仏する重要な節目の法要です。

「忌明け(きあけ)」「七七日(しちしちにち/なななぬか)」や関西では「満中陰(まんちゅういん)」と呼ぶこともあります。

さて、喪主にとっては49日法要の1日の流れをつかんでおくことも大切です。

おおまかな流れは次のようになります。

≪お寺での法要の流れ≫

  1. 僧侶入場
  2. 喪主挨拶・・・法要の開始の挨拶を手短に
  3. 読経、順番に焼香
  4. 僧侶の話法
  5. お墓参り

≪会食の場での流れ≫

  1. 喪主挨拶・・・列席へのお礼と現在の心境や今後のお付き合いのお願い、故人をしのんだ言葉や思い出などを簡潔に
  2. 会食
  3. 喪主挨拶・・・お礼と今後のお願い

お寺での法要の流れは以上のようになり、ご覧のように喪主が挨拶するタイミングは一般的に3回あります。

では順番に文例を交えてご説明します。

スポンサーリンク

49日の挨拶の文例

49日の法要の喪主の挨拶にはのべるべき事のパターンがあります。

一般的な文例をご紹介していきます。

この文例を軸に故人の人柄や思い出などをつけ足して自分の言葉で挨拶をすると、より気持ちの入った良い挨拶になると思います。

法要開始の挨拶の文例

まず最初に僧侶が入場してから49日の法要に列席いただいたことへのお礼とこれから法要をとり行う事を手短にのべます。

法要開始の喪主の挨拶文例

本日は皆様お忙しい中「亡き父〇〇」のためにお集まりいただきまして誠にありがとうございます。

只今より〇〇〇〇〇〇(戒名)の49日忌(しじゅうくにちき)法要をとり行います。

ご住職様、どうぞよろしくお願いいたします。

特に戒名は言わずに「只今より49日忌法要をとり行います。」という場合もあります。

最初の挨拶はシンプルにこのぐらいで充分です。

法要後の会食の場の挨拶の文例

お寺での法要も滞りなく終え、会食(お斎/おとき)の場に移動した後に改めて喪主としての挨拶をします。

法要後の会食の場の挨拶の文例

本日はご多忙の中、亡き父の法要にご列席いただき誠にありがとうございます。

本日、早いもので49日忌を迎えました。

私たち家族の中では父を亡くした悲しみはまだまだ癒えませんが、皆様から励ましの言葉をいただきなんとか過ごしてきました。

残された家族が力を合わせて過ごしていくことが父に対しての何よりの供養だと思っております。

どうか皆様、これからもお力添えをいただきますようお願い申し上げます。

ささやかではございますがお食事をご用意させていただきましたので、父の思い出ばなしなどお聞かせいただきたく存じます。

それでは〇〇様、献杯のご発声をお願いいたします。

ここでは改めて

  • 49日の法要に列席いただいたことに対するお礼
  • 遺族の心境と今後への決意
  • 今後のお付き合いのお願い

この3つのパーツを自分の言葉に言い換えて挨拶をします。

ここでの挨拶は故人の思い出や人柄などのエピソードなどを少しだけ盛り込むと良い挨拶になると思います。

そして、会食の最初に「献杯(けんぱい)」をしますが、献杯の挨拶は一般的に親族の中の年長者がすることが多いので事前にお願いしておくと良いです。

49日の挨拶 締めの文例

会食の最後に締めの挨拶をしますが簡単な言葉で締めるようにします。

49日の挨拶 締めの文例

本日はお忙しい中、最後までお付き合いいただき誠にありがとうございました。

名残は尽きませんが、そろそろお時間となりましたのでお開きとさせていただきたく存じます。

どうぞこれからも変わらぬご支援のほどお願い申し上げます。

本日は誠にありがとうございました。

最後もやはりお礼と今後のお付き合いのお願いをして締めくくります。

締めの言葉はあまり長くならないように手短に済ませるようにしましょう。

まとめ

49日の法要の挨拶は

  • 列席いただいたことに対する感謝
  • 遺族の現在の心境
  • 今後のお付き合いのお願い

などを基本に、故人の人柄や思い出などを自分の言葉でのべると挨拶にも深みが増し良いものになると思います。

いずれにしても列席いただいた方に感謝の気持ちが届くような挨拶を心掛けるようにしましょう。

コメント