日本三大桜の名所とは?弘前公園|高遠城址公園|吉野山

日本三大桜の名所吉野山

桜前線が南から北へと北上する季節になると今年のお花見はどこへ行こうかなと迷ってしまいます。

そんな中でも「日本三大桜の名所」の絶景は一度は見てみたいものですよね。

今回はいつかは行きたい「日本三大桜の名所」を紹介いたします。

 

スポンサーリンク
 

日本三大桜の名所

弘前公園(青森県)

日本三大桜の名所弘前城

毎年4月20日前後から5月10日頃まで『弘前さくらまつり』が開催されている日本三大桜の名所の1つ弘前公園。

弘前城に一番最初に桜が植えられたのは今からおよそ300年前の1715年(正徳5年)で、弘前藩士が京都の嵐山から持ち帰った、たった25本の桜が始まりと伝えられているそうです。

公園内には樹齢100年を越すソメイヨシノが300本以上もあり、ここまでの桜を管理する技術は専門家から日本一と絶賛されているそうです。

桜まつりの期間中は屋台なども出ているので大人も子供もカップルも楽しめるイベントになっています。

 

弘前公園

〒036-8356青森県弘前市下白銀町1

問合せ先:弘前市役所 公園緑地課(開花状況についてもこちら)TEL:0172-33-8739

公式ホームページ:弘前公園(弘前城)

 

関連情報

高遠城址公園(長野県)

日本三大桜の名所高遠城址公園

スポンサーリンク

 

 

毎年4月初旬から約1か月間「高遠さくら祭り」が開催されます。

高遠城址公園(たかとおじょうしこうえん/長野県伊那市)の桜は昼間ももちろん美しいのですが夜はライトアップされて違う表情がまた美しいスポットです。

ライトアップされた夜桜が池の水面に映し出された桜もまた絶景です。

公園には入園料(大人500円/子供250円)が必要ですが、一度入園してしまえば、その日は何度でも出入りできるので昼間の桜も夜桜も1回の入場料で満喫できます。

高遠城址公園の夜桜は「水鏡」に移った桜も素晴らしいのですが「桜雲橋(おううんきょう)」も人気のスポットです。

桜を雲に見立てたのが「桜雲橋」の名前の由来。

昼間ほど混んでいない夜が観賞にはおすすめです。

 

伊那市観光協会

〒396-8617長野県伊那市下新田3050

TEL: 0265-78-4111

公式ホームページ:伊那市観光協会

 

関連情報

吉野山(奈良県)

日本三大桜の名所吉野山

 

奈良県の吉野山は古今集の詩歌にも読まれている日本最古の桜の名所として知られています。

吉野山の桜は山全体の気温差のため「下千本」から「中千本」「上千本」「奥千本」と3週間~1か月かけてシロヤマザクラをメインに約200種3万本もの桜が順番に開花して山を桜色に染めていきます。

 

吉野山観光協会

住所:〒639-3115 奈良県吉野郡吉野町吉野山2430

TEL:0746-32-1007(9:00~16:00)

公式ホームページ:吉野山観光協会

 

まとめ

桜は開花したと思ったらあっという間に散ってしまうはかなさがあり、それがまた見る人を魅了するのでしょうね。

ここ数年はタイミングが合わずゆっくりお花見ができていないので、せっかくなら日本三大桜の名所に行ってみたいものです。

コメント