ペルセウス座流星群

ペルセウス座流星群は8月12日~13日頃に活動する「三大流星群」の一つです。

三大流星群の中でも夏場に見ることができるのはペルセウス座流星群だけなんですね。

ちなみに三大流星群のうちのあと二つは

  • 1月の「しぶんぎ座流星群」
  • 12月の「ふたご座流星群」

といずれも真冬の流星群なので夜中の寒空を気にしなくていい分ペルセウス座流星群が一番観察しやすいですね。

ただ、今年は月明かりの影響で流星群を観察するには条件の悪い年だそうですが、そんな年でも見ごろの時間や方角はあるはず、と期待を込めて情報を整理してみました!

スポンサーリンク

2017年の「ペルセウス座流星群」観賞にベストの時間帯は?

夏の天体ショーの代表格「ペルセウス座流星群」の「※極大」は8月13日午前4時頃に迎えます。
※極大とは流星群の活動そのものが一番活発化する時期のことです。
ちなみに2015年の極大はお昼の15時30分頃でした。

夏場の午前4時と言えば日の出も近い時間帯なので実際に見ごろになるのは12日深夜から13日明け方にかけて多くの流れ星を見ることができると予想されています。

スポンサーリンク

ただし今年は明るい月の影響で光の弱い流星は見えにくくなり実際には

流星が最も多いときに暗い場所で観察しても1時間に30個~35個程度となる予想だそうです。

でも、計算上はポジティブに考えると「2分に1個も」見えるので悲観することもないと思います!

 

ペルセウス座流星群がよく見える方角は?

流星群は空のある一点(放射点)から放射状に流れるように見えます。

放射点の高度が高いほどたくさん見えるようになり、12日の21時過ぎから放射点が高くなり始め、極大を迎える13日の午前4時頃に放射点が最も高くなるようです。

ですので0時頃からは方角にかかわらず空全体に広く流星が出現すると予想されています。

また、今年は明るい月があるのでできるだけ月が視界に入らない方角で観察すると良いようです。

 

ペルセウス座流星群の観察に適した場所は?

周りに視界を遮るような高いビルがある市街地や樹木の生い茂った林の中などは好ましくありません。

街灯などの人工の光のない広いグランドなどがあればオススメです。

流星群は特定の方向だけに流れるわけではないので、できるだけ月明かりが目に入らない方向を幅広く眺めることができる場所で観察しましょう。

 

ペルセウス座流星群観察のまとめ

時間、方角、場所をまとめると次のようになります。

  1. よく見える時間帯・・・8月13日0時~夜明けまで
  2. よく見える方向・・・空全体。ただし月明かりをできるだけ避けるように観賞しましょう。
  3. 観察に適した場所・・・周りに遮る高い建物がない広くて暗い場所

今年の見ごろは深夜になりますが、ちょうどお盆休みに入ったばかりで夜更かしできる人も多いのではないでしょうか?
夏の思い出の一つに流れ星観察もいいものですよね。