敬老の日

9月の国民の休日の一つに「敬老の日」があります。

敬老の日の意味は何となく「お年寄りに感謝し大切にする日」と

ざっくりとした認識しかありませんが

敬老の日の由来や敬老の日が本来はどんな日なのか を調べてみました。

スポンサーリンク

2017年の敬老の日はいつ?

敬老の日は毎年9月の第三月曜日と法律で決められています。

第三月曜日なので毎年違う日になり15日~21日までの7日間のいずれかの日になります。

ということで2017年は18日の月曜日が「敬老の日」になります。

ところで、敬老の日が9月の第三月曜日に定められたのは2003年からってご存知でした?

2003年より前は曜日にかかわらず毎年9月15日が敬老の日でした。

当時、成人しているぐらいの年齢の方なら常識かもしれませんが10代~20代の若い世代の方にとっては意外なことではないでしょうか?

これは2001年の祝日法改正、いわゆるハッピーマンデー制度の実施によって2003年から9月の第三月曜日に移動になりました。

でも、偶然にも2003年の第三月曜日は15日だったので実際に敬老の日が15日以外の日になったのは2004年からでした。

スポンサーリンク

 

敬老の日の由来は?何年に始まったの?

1947年(昭和22年)に兵庫県多可郡野間谷村で「敬老会」が開催されたのが敬老の日の始まりだといわれています。

当時の村長、門脇政夫氏が「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」と始めたもので農家の仕事が比較的ひまで気候のいい9月中旬に開催されたそうです。

翌、1948年(昭和23年)に「こどもの日」と「成人の日」が「国民の祝日に関する法律」で定めらせました。

でも、お年寄りのための祝日は定められなかったので村独自に「としよりの日」として祝日とすることを提唱したそうです。

1950年(昭和25年)からは兵庫県が「としよりの日」を制定しました。

その後、「としより」という表現が「不適切」という指摘もあり「老人の日」という呼び方を経て1966年(昭和41年)に「敬老の日」として国民の祝日に制定されました。

 

お祝いされる「お年寄り」は何歳から?

一昔前であれば定年退職をする60歳~65歳ぐらいが一つの区切りとしてありましたが最近では60歳の方に「お年寄り」扱いするのも失礼なぐらい元気な方が大勢います。

実際、平均寿命が延びた現在では60代の方で仕事を引退して「お年寄り」の仲間入りをするのも早いような気がします。

でも、40代でも50代でも孫のいる方で孫から見ればおじいちゃん、おばあちゃんなのは間違いのない事実です。

この「何歳からお年寄り?」に答えはないような気がしますね。

 

まとめ

敬老の日のルーツである「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」という精神、まさにお年寄りを敬い大切にする気持ちを持つことが一番大事なことではないでしょうか?
1年に1度の敬老の日だけに限らず・・・。