2017年お彼岸っていつ?「ぼたもち」と「おはぎ」の違いは?

毎年、9月20日前後は秋分の日です。

祝日の並びによっては9月の大型連休(シルバーウィーク)の一角を担う日ですが「秋分の日=お彼岸」です。

「お彼岸にはお墓参りをする。」ということ以外考えたことはありませんがそもそもお彼岸とはどんな日なのでしょうか?

スポンサーリンク

2017年のお彼岸っていつ?

お彼岸とは年に2回あって「春彼岸」は春分の日を中日(ちゅうにち・なかび)として前後3日間、「秋彼岸」は秋分の日を中日(ちゅうにち・なかび)として前後3日間でそれぞれ春と秋の7日間のことを言います。

そして、お彼岸の最初の日を「彼岸入り」、最後の日を「彼岸明け」と言います。

また、春のお彼岸を「彼岸」「春彼岸」と呼ぶのに対して、秋のお彼岸を「後(のち)の彼岸」「秋彼岸」と呼びます。

2017年のお彼岸の日程ですが下記のようになっています。

【 春彼岸 】
彼岸入り・・・・3月17日(金)
彼岸の中日・・・3月20日(月)
彼岸明け・・・・3月23日(木)

 

【 秋彼岸 】
彼岸入り・・・・9月20日(水)
彼岸の中日・・・9月23日(土)
彼岸明け・・・・9月26日(火)

 

お彼岸とは何をする日?

ご先祖さまや自然に感謝の気持ちをささげる日で日本独自の仏教行事です。

彼岸とは「岸の向こう側」という意味があり三途の川を挟んで私たちが住むこの世を「此岸(しがん)」といい岸の向こう側の世を「彼岸」と言います。

そして「此岸(この世)」は東に「彼岸(極楽)」は西にあるとされ春分の日と秋分の日は太陽が真東から昇り真西に沈む日、つまりこの世と極楽が最も近くなる日、最も通じやすい日になると考えられて先祖供養をするようになったそうです。

スポンサーリンク

また、お彼岸の中日はご先祖様に感謝をする日でその前後3日間は6つの行いを1日に1つずつ行う大切な日だそうです。

6つの行いとは「六波羅蜜(ろくはらみつ)」と言い

  1. 布施(分け与える)
  2. 持戒(規律を守る)
  3. 忍辱(怒りを捨てる)
  4. 精進(努力する)
  5. 禅定(心を安定させる)
  6. 智慧(知恵をあらわす)

普段修行をしない一般の人たちも彼岸の期間中は祈りをささげて煩悩を払っていたそうです。

スポンサーリンク

春彼岸は「ぼたもち」、秋彼岸は「おはぎ」この違いは?

春彼岸にお供えするのは「ぼたもち」で秋彼岸は「おはぎ」と言いますが違いがよくわからない方も多いと思います。

  • ぼたもち=牡丹餅
  • おはぎ=御萩

漢字で書くとピンときますが牡丹餅(ぼたもち)は牡丹の花が咲くころに食べるもの、御萩(おはぎ)は萩の花が咲く季節に食べるものという違いで基本的な食材や作り方はまったく同じとする説があります。

また、ぼたもちは「牡丹の花に見立てているのでやや大きい」とし、おはぎは「萩の花に見立てて小さい」と大きさが違うとする説もあるようです。

はたまた、まったく違うものとする説もあるようです。

ぼたもちはご飯粒をなくして完全に餅にしてその上の餡もこしあんで包み、お萩はご飯粒を残し餡も粒あんで包むとする説もあるようです。

より詳しい記事は下記よりどうぞ
>>>おはぎとぼたもちの違いは?季節で呼び方が変わる?

 

まとめ

「ぼたもち」と「おはぎ」の違いは結論が出ませんでしたが、お彼岸には必ずお墓参りをしてご先祖様に感謝し人として正しい行いをするように心がけたいものですね。

コメント