ふたご座流星群2017の極大はいつ?方角や見ごろは?

ふたご座流星群

2017年のふたご座流星群は比較的良い条件で観察できるそうです!

今年は12月14日16:00頃に極大を迎えると予想されていますが、16:00は昼間なので極大の時間帯に流星を見ることはできません。

では、2017年のふたご座流星群の

  • 見頃の時間帯
  • 良く見える方角
  • 観察に適した場所

など、よりいい状態で観察できるように調べてみました。

スポンサーリンク

ふたご座流星群とは?

ふたご座流星群は、1月の「しぶんぎ座流星群」と8月の「ペルセウス座流星群」とともに三大流星群と呼ばれています。

また、ふたご座流星群は20時頃という早い時間帯から流星が出現し始めるため小さいお子さんも観察しやすいところが嬉しいポイントですね。

ですので、一晩で見ることのできる流星の数は三大流星群の中でも最も多い流星群だといわれています。

ふたご座流星群の観察に適した日と時間は?

嬉しいことに2017年は比較的良い条件で観察することができるそうです。

極大は日本時間の12月14日16時頃の予想で、昼間なので流星を観察することはできません。

観察に適した日時は極大(※)を迎える前日の12月13日の22時頃から14日未明までが見ごろと予想されています。

スポンサーリンク

特に放射点(※)の高度が高くなってからの方がたくさんの流星が観察でき、高度が最も高くなるのは14日の午前2時頃の予想です。

ただ、この期間に限らずふたご座流星群の活動期間は思っているより長く12月4日~17日頃までは流星を見ることができるそうです。

しかし、極大の日から離れれば離れるほど流星の数は少なくなります。

 

  • 極大とは?
    流星群の活動が最も活発になること、またはその時期のことで今回のように昼間に極大を迎えることもあります。
  • 放射点とは?
    流星群を地上から見たとき、ある1点から放射状に流星群が四方八方に飛び出すように見えます。
    この1点のことを放射点と呼びふたご座流星群は「ふたご座α星(カストル)」付近を放射点としている流星群です。

 

ふたご座流星群がよく見える方角と適した場所は?

流星群は放射点から放射状に流れるため空一面で観察することができるのでよく見える方角というのは特にありません。

市街地の街灯や月明かりが視界に入らない方角を見ればよく観察できるでしょう。

また、観察する場所も周りに街灯がない暗い場所でビルや木など遮るものがない場所を選びましょう。

ふたご座流星群観察のまとめ

ふたご座流星群は数も多く当たりはずれの少ない流星群と言われているので楽しみですね。

今年の条件をまとめると

  • 見頃の日、時間帯
    12月13日の22時頃から14日未明
  • 良く見える方角
    空全体。放射点の高度が最も高くなるのが14日のAM2時頃。
  • 観察に適した場所
    街灯がなく、ビルや木など遮るものがない暗い場所。

以上の日程以外でも12月4日~17日頃まで流星は出現するようなのでこの期間に空を観察していれば見られるかもしれませんよ。

関連記事
2017年ペルセウス座流星群!見える時間帯と方向は?

コメント